JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

弟の家賃滞納で保証人である私に請求裁判となりました。支払責任は、認めますが、請求が来たのが、10か月たって突然連絡が

解決済みの質問:

弟の家賃滞納で保証人である私に請求裁判となりました。支払責任は、認めますが、請求が来たのが、10か月たって突然連絡があり、1か月後に、賃貸借契約解除予告書、おって訴状がおくられてきました。裁判所に答弁書を送り、口頭弁論準備書面が、届きました。明日、裁判所に出向くつもりですが、どのように話を進めていったらベストか、ご意見お伺いしたく質問申し上げます
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
kionawaka :

身元保証人ですよね。身元保証契約書とかあるんですか?身元保証人の責任内容についてどのようになっていますか?

Customer:

連帯保証人引受承諾書を平成18年8月10日の日付けで、提出しました。ただし今回訴訟された方とはべつじんです。また、貸主が変わった一報もなく、家賃滞納についても、10か月間何の取立てもありませんでした。

Customer:

明日は弟も裁判所に行きます。弟は、7月にはいえをでて、分割で滞納金を支払うつもりですが、滞納金のほか、修繕費さらに訴訟されたあとの家賃、裁判費用等金額がぼうだいになるようで、不安です。

kionawaka :

身元保証ではなく連帯保証人ということですね。そうであれば、原則支払いを免れることは不可能ですね。

kionawaka :

しかし修繕費、ましてや訴訟費用および弁護士費用は被告負担にはなりませんので、大丈夫です。

Customer:

やちん10か月分。計630,000円を減額してもらうための、

Customer:

話の進め方はありますか。

kionawaka :

減額はともかく、とりあえず、分割にしてもらうことですね。支払い意思はあるということを明らかにして。これは口頭でよいでしょうが。

Customer:

ありがとうございました

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問