JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

仕事内容が私文書偽造ではないか心配です

質問者の質問

会社の仕事内容で心配があります 顧客から申込書を預かって処理しているのですが、判断できない文字も含まれてきます パスワードはど重要情報が見えにくくても、電話確認して登録することをさせられています 途中、営業所を介しますので、営業所の処理短縮を会社側は効率化と考えているようです ですが、これは文書偽造にあたいするのではないかとひやひやしながら毎日仕事をしている有様です 上司に心配なので確認をお願いしたり、上司の指示であることを明確にしてもらいたいと文書提示をお願いしたりしていますが、ことごとく「あなたがたはプロなんだからそのぐらいのことで」といなされてしまい話になりません これでは、と思い会社のさらに自社上層部にお願いをしても、まったく相手にしてくれません 私の仕事は、親会社からの受託業務です 室内に、委託会社(親会社)の人間がいて、直接そこからそういった指示が飛んできます これは越権行為に当たると思うのですが、同室内にいる直属上司も親会社が言っているのだから、責任はどうせ自分(直属上司)がとるんだから、と言っていますが申込書処理に処理印を押印するのは私たちです もし、顧客からそんなパスワードは設定していない、と訴えられたら文書偽造として扱われるのではないかと心配でたまりません また、電話確認先は顧客直接ではなく、受付営業所です 顧客の知らない内容で契約させられたと訴えが出ないかと心配です

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
そのような事情では、ご心配になるのも無理もないと思います。
ですが、ご質問のような行為が文書偽造として犯罪になってしまう危険はありませんので、ご安心ください。

顧客からの申込書は私文書であり、このような私文書の偽造・変造に対する犯罪類型としては刑法159条の私文書偽造等の罪が考えられます。下記に上げた条文は法律特有の言い回しでちょっとわかり辛いかもしれませんが、この私文書偽造の罪で罰せられるのは作成名義を偽り文書を作成すること、つまり他人の名前で文書を作成することであり、内容が虚偽のものを作成すること、内容を改ざんすることは処罰の対象とはなっていません。したがって最初に申し上げた通り、あなたが会社の指示の元で行っていることは刑事罰の対象となる文書偽造ではないということになります。
また実質的にみても、顧客の承諾のもとで申込書を補充することは偽造・変造等の不適切な行為とは全く別のことですので、この点でも問題はないでしょう。

ただしご心配されているとおり、万が一、営業所と顧客との間で行き違いがあり後日クレームがあった場合に、実際に書類に処理印を押したあなたの責任として社内で処理されてしまうというリスクは存在します。これを避けるためには、補充箇所・確認個所・確認した営業所の相手なども記録として申込書とともに保存することを会社として行うと間違いがないと思いますし、会社側がそのような対応をしてくれないのであれば、自衛としてご自身できちんと記録ととっておくと、もしものときに身を守る一助になるでしょう。


●刑法
(私文書偽造等)
第百五十九条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3  前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました


会社側の人に相談したところ、文書偽造についての不安だけが噂として飛び交ってしまい部長から個別にお叱りを受けています。


なぜか、こういった不安を私自信が抱くことが問題であるととらえたようです。


結局、問題児扱いされることになってしまいました。


一応ですが、今後メンバーを含め打ち合わせをするようですが、業務のことだと思いもう少し会社と話し合っていきたいと思います。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
会社がきちんと問題を理解してくれないのはお辛いですね。
記録を残すことで行き違いによる過誤を防止し安心して働けるようになりますし、それはつまるところお客様の申し込みの意思に沿って間違いなく処理ができる、お客様から自分の申し込みと違うというクレームを未然に防ぐということにつながるということをきちんとわかっていたけると良いのですが。
ご無理をせず、頑張ってください。

法律 についての関連する質問