JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

介護を受ける高齢者のお金の管理について 現在私には高齢で車椅子生活の叔母がいまして施設で暮らしていますが、家が

解決済みの質問:

介護を受ける高齢者のお金の管理について

現在私には高齢で車椅子生活の叔母がいまして施設で暮らしていますが、家が近くなので私が時々叔母の身の回りの世話をしています。その中で叔母の銀行預金の出し入れも、叔母の支持を受けてですが私がしています。
将来叔母が認知症などの病気で判断能力を失い、叔母自身のお金の管理を叔母が出来なくなった場合に、叔母の介護にかかる費用の支払いなどのために、今までどおり私が叔母の銀行預金の出し入れをして叔母のお金を支払いに充てると言うような叔母のお金の管理を私がしても問題ないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.

shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。今現在叔母さんが意思表示ができる状態であれば、叔母さんからの委任を受けているということでお金の管理は問題ないでしょう。ただ、今後叔母さんが認知症になり、意思表示ができなくなった場合はお金の管理をするためには、成年後見制度を利用しなければなりません。

shihoushoshikun :

なぜなら、認知症になってしまうと意思表示ができないことになりますので、その本人の財産を守るために家庭裁判所の監督のもとにお金を管理しなければならないのです。もし、成年後見制度を利用せずに質問者様がお金を管理してしまうと、横領の疑いをかけられてしまいますのでご注意下さい。

shihoushoshikun :

今のところは質問者様が管理していても問題ありませんが、叔母さんが認知症の疑いを持つようになった時は成年後見人の申立を家庭裁判所にするようにして下さい。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問