JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚した元妻に、年金按分0.5の申し立てをされ家庭裁判所の審判がその通り0.5で出されました。 離婚は元妻の一方的

解決済みの質問:

離婚した元妻に、年金按分0.5の申し立てをされ家庭裁判所の審判がその通り0.5で出されました。
離婚は元妻の一方的な申し出よるもので、離婚届に判は押しましたがこちらに非(暴力、借金、浮気等)があるとは思えません。よって0.5は納得いきませんが覆す方法はありませんか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.

shihoushoshikun : 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。家庭裁判所では、特別な事情のない限り、年金分割における按分割合は、合意分割においても原則として2分の1と定める運用をしているなど、年金分割は2分の1の原則性が極めて強いと考えられています。特別な事情とは、離婚の際の財産分与において妻の側が多くの財産を得られた場合など、相手に金銭的に優位性がある場合です。夫の側の浮気や暴力は年金の按分割合には影響はありません。したがって、家庭裁判所の審判に不服であるとして裁判をしても事情は変わらないでしょう。
Customer:

回答有難うございます。割り切らざる負えないようですね。しかし、おかしな法律ですね。

shihoushoshikun : 確かに納得のいかないところもあるでしょう。しかし、互いの利益を調整するという法の趣旨からは仕方のないこととも言えます。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問