JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

業務上横領の示談書の作り方。 恥ずかしい話しですが当社で商品の横領、転売が発覚いたしました。【私が経営者です】

解決済みの質問:

業務上横領の示談書の作り方。
恥ずかしい話しですが当社で商品の横領、転売が発覚いたしました。【私が経営者です】
金額は恐らく300-400万円になるかと思います。【まだ該当従業員には言っておらず証拠集めと書類作りを進めているところです】
証拠を見せて素直に自白で応じて、全額弁済してくれるようであれば示談ですませたいと考えております。
そこで示談書の作り方についてお伺いしたいのですが、どのような項目の記載が必要になってきますでしょうか?
当社で考えた所では、
1.被害額の速やかな弁済
2.すぐに弁済できない場合には返済計画について
3.弁済が滞った場合の処置
4.日時、場所、双方の住所・印鑑

また、少し急いでいるのですがどこに相談すれば示談書作成して頂けますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

supertonton :

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。業務上横領の示談書と言うことですが、示談書の場合は、今回ですと支払方法を決めてからの作成になります。一括払いなら、私文書での示談書でも良いでしょうが、分割であれば、安全性も考えて、公正証書で金銭消費貸借契約書を作成されると良いでしょう。公正証書の場合は、未払いがあれば強制執行が出来ます。お話の内容だと1と2はどちらか決めないといけません。その他、これ以外に債権債務が無いとかの清算条項、引っ越しなどされた時の通知義務など入れます。弁済が無い場合、直ちに分割なら残額を支払うとか、期限の利益の喪失など、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に作成をご依頼されると良いでしょう。行政書士の先生が比較的お安いです。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問