JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

私はこの半年間の間に店の売上金で多くいただいて、プールしていたお金およそ1000円分から約600円ほどのジュース代金

質問者の質問

私はこの半年間の間に店の売上金で多くいただいて、プールしていたお金およそ1000円分から約600円ほどのジュース代金(およそ3回)と商品を未納のまま使用してしまいました(3200円)
追記・最終レジのときにレジ金額が増えていた分です。
故意ではありません
現在はこの会社を辞めたのですが、辞める前にそのことで内容証明を書かされました。
上記の事実があったことと、辞めたの後にお客様に連絡すると伝えた(連絡する前にわかったので連絡先はわかっていません)

ただし、私が辞める時にもし辞めたの後にお客様に連絡したらこのことを訴えると言われ、現在連絡もとっていませんし、お客様名簿も持っておりませんでした。

ただ昨日、書類とともに
貴殿の行為は訴追事項にあたると言われ、顧問弁護士と協議中とのことです。

一応使った金額は全額返済しました。

どうしたらいいのかわからないでいます。どうなるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

kionawaka :

横領または背任に該当する可能性がありますね。

kionawaka :

内容証明というのは、誓約書のことですか?

JACUSTOMER-jfx22tl0- : 私がおこなった内容などを書面に書いて渡しました。
JACUSTOMER-jfx22tl0- : また契約書もです。
JACUSTOMER-jfx22tl0- : 私がおこなった行為です。
JACUSTOMER-jfx22tl0- : 私がおこなった内容などを書面に書いて渡しました。また契約書も一緒に渡しました。
kionawaka :

なるほど。そうすると、一定の証拠になってしまうので、誓約書・自認書(私がこれをやりました式の)

kionawaka :

ということですね。

kionawaka :

ただ、弁済しているので、あるいは刑事告訴まではしない可能性がありますね。

JACUSTOMER-jfx22tl0- : 今私がすべき事はなんでしょうか?
JACUSTOMER-jfx22tl0- : 刑事告訴しないで、訴追事項とはどうゆうことなのでしょうか?
kionawaka :

辞めたの後にお客様に連絡すると伝えた(連絡する前にわかったので連絡先はわかっていません) ただし、私が辞める時にもし辞めたの後にお客様に連絡したらこのことを訴えると言われ、現在連絡もとっていませんし、お客様名簿も持っておりませんでした。 ただ昨日、書類とともに 貴殿の行為は訴追事項にあたると言われ、顧問弁護士と協議中とのことです

kionawaka :

訴追事項というのは、刑事訴追に値するという相手方の評価です。

kionawaka :

辞めた後にお客様に連絡したら訴えるということの意味がよくわかりません。

kionawaka :

何を訴えるというのですか?

kionawaka :

顧客情報の漏洩ですか?

kionawaka :

今すべきことというのは、もう少し時間が経過しないと、相手が告訴してくるかどうかわかりませんので、

kionawaka :

何ともいえません。

JACUSTOMER-jfx22tl0- : もし辞めた後にお客様を勧誘するなど、顧客情報などの漏洩がわかったら今回の事実を告訴するぞと言われました。これに関しては顧客情報は一切持ち出してないです。
kionawaka :

 なるほど、事実が2つからまっているわけですね。しかし、その犯罪事実1(横領又は背任)の事実をネタにゆすっているわけで、

kionawaka :

これは会社があなたに義務なきことを行わしめているので、強要罪または恐喝罪に当たります。

kionawaka :

その意味であなたはひとつ会社の弱みを握っていることになります。

kionawaka :

「これこれでオマエをコクソするぞ」というのは弁護士もよく使うネタですが、一歩間違うと恐喝罪になります。

kionawaka :

もう返済しているので、実害発生の危険はありませんから、とやかく言われるいわれはありませんね。

kionawaka :

少し(6ヶ月くらいのスパンで)様子をみられたらどうですか?

kionawaka :

向こうの顧問弁護士が動いてきたら、この恐喝ネタを逆手にとって、攻撃(刑事告訴)すればよいでしょう。

kionawaka :

少し出払っておりました。失礼しました。ほかにご質問はありますか?

JACUSTOMER-jfx22tl0- : 出来る事なら穏便に済ませたいと思っております。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>私はこの半年間の間に店の売上金で多くいただいて、プールしていたお金およそ1000円分から約600円ほどのジュース代金(およそ3回)と商品を未納のまま使用してしまいました(3200円)
追記・最終レジのときにレジ金額が増えていた分です。
故意ではありません
→そもそもの発端がこの行為の違法性ということでしたね。そして相手方はさも極悪人であるかのように「訴追事項」である、「弁護士と協議中」と脅かしてきた、ということですね。

 まず基本的事項として、仕事上のミスで会社に損害を与えても、当然には損害賠償義務は生じないということです。言い換えれば、労働過程において通常求められる注意義務を尽くしておれば、労働過程で日常的に発生する損害について損害賠償義務はありません(つり銭の誤りなど)。労働者に賠償義務がある場合でも、賠償すべき範囲は、使用者がわ、労働者がわの諸事情を総合考慮して決定され、損害全額に及ぶことはありません。

 ただ労働者の故意又は重過失がある場合には損害賠償義務を負うことになります。

 本件では、横領又は背任での告訴→起訴→身柄拘束まで持ち込めない場合は、会社の負けです。

 これは相当キビシイのではないか、と思います。ましてや加害者は既に弁償をすませています。
 
 他方会社はこれをネタに強請っていますし(恐喝罪)、かなり不利でしょう。
 
 穏便にということなので、こちらから先手を打って訴える必要はありません。相手がちょっかいを出してきたら、冷静に次にはどういう手を打ってくるか、意地悪く観察していることです。

 たぶん沙汰やみになるやに思います。

 むこうは「内容証明」=自認書をとったことでもう満足していると思います。それが自分の首をしめる結果になるのにね。

 ★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第1条の3第3号相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 
質問者: 返答済み 3 年 前.
今の段階で謝罪文や反省文など書けば良いのでしょうか?今は下手に何もしない方が良いでしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
オカネはかえしたのですね。それで十分です。
ヘタに反省文を書くと、それが証拠化してしまいます。

弁護士や相手方の思うツボです。

法律 についての関連する質問