JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

NHK受信料の不当請求分を返金してもらえるのかどうかと言う質問です。 地方の大学に行っている息子が下宿から一人暮ら

解決済みの質問:

NHK受信料の不当請求分を返金してもらえるのかどうかと言う質問です。
地方の大学に行っている息子が下宿から一人暮らしをするときに私がNHKの地上契約家族割引2か月払の手続きをしました(H23.8~) H24大学4年になった時にNHK訪問員が来て建物にBSアンテナが付いているので衛星契約に変更するように言われるまま手続きえをしてしまったようです。以後今日まで衛星受信料金を徴収されていて先日またNHK訪問員が来て学生なら手続きすると安くなると言われハガキを置いて行ったので出しても良いか?と聞かされ初めて衛星契約の通常料金でH25から徴収されていることに気がつきました。(H25から現在は大学院生) 
私が手続きした時点で息子のテレビは2008年制のBS受信機能が付いていないテレビで現在もそのテレビを使っています。建物にBSアンテナが付いていても視聴できない以上BS契約する義務が無いのでNHKに不当請求の返金を求めると今年の2カ月分の返金で以前からそのテレビだったか確信が無いと言われました。学生や年金受給者のお年寄りが住人の意思に反してBS受動受信の為に衛星料金を払っている方が沢山いてその増収分がNHK職員の高待遇の原資に充てられていると思うと諦めきれずご相談させていただきました。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>建物にBSアンテナが付いていても視聴できない以上BS契約する義務が無いのでNHKに不当請求の返金を求めると今年の2カ月分の返金で以前からそのテレビだったか確信が無いと言われました。
→不当利得(民703条)になりますので返還請求可能です(一般債権 10年の消滅時効)。

>いつからそのテレビで視聴してるか内容証明に印鑑を押して送れば電話対応した営業部の社員が判断すると言われたのでどのように書けば良いのか尋ねると強要した事になるのでそれは出来ないと言われました。
→いつからそのTVで視聴しているか、の立証責任は息子さんにありますので、確かな証拠を添えて(内容証明には添付はできませんが)、証明すればよいでしょう。書き方といったって、そんな敵に塩を送るようなことはしないでしょう。証明じたいは原告がする必要がありますよ。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。  もう少しお伺いしたいのですが内容証明とはこのような書き方で良いでしょうか? 「当事者は2009年からHITACHI 19L-S500(BS受信が出来ない)を現在も使用しています。よって2012年から衛星受信料金として徴収された不当利得に当たる料金の返還を請求します。」 書き方といったって・・・と仰いますが素直に認めないああ言えばこう言う状態だったのでこちらに相談しました。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 内容証明に印鑑を押して送れば..........が判断する]
の内容を聞きたいということですね。


  「当事者は2009年からHITACHI 19L-S500(BS受信が出来ない)を現在も使用しています。よって2012年から衛星受信料金として徴収された不当利得に当たる料金の返還を請求します。」

 「私はHITACHI 19L-S500を BS受信が出来ないことを知りつつ、貴社と衛星契約を結び、2009年から現在まで使用している。貴社の行為は、不当利得の要件たる 1.他人の財産又は労務によって利益を受けたこと、2.そのために他人に損失を与えたこと、3.受益と損失との間に因果関係があること、4.法律上の原因のないこと(民703条)を満たすから、私は貴社に対し不当利得返還請求として2012年からの徴収分を請求する。」

 という文例が考えられます。

 しかし内容証明のやりとり(ああいえばこういう)が延々続きだけの場合は、裁判などが必要になるでしょう。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。文章の冒頭部分のニュアンスが少し違うので以下の様に変えても問題無いでしょうか?


「息子はHITACHI 19L-S500(BS受信出来ない)を2009年から使用しており2011年に現在の住居へ引越した際に私が貴社と地上契約家族割契約を結びました。2012年貴社の訪問員がBS受信可能な建物という理由で息子に衛星契約への変更を(進められ)現在に至る。~」 以下は回答していただきました文章ます。  変更を(進められ)の進められは妥当ですか?「変更したください。」と言い切られた場合迫られでは意味合いが強すぎますか?


何度も申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>衛星契約への変更を(進められ)現在に至る
→ここを「変更を迫られ」に変えても、実際そうであったなら(押し切られた形)差し支えありません。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問