JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

催告書が不動産管理会社から来ました。 成人した子供が借りた物件で、契約では買ってはならないペットを飼育していた

解決済みの質問:

催告書が不動産管理会社から来ました。

成人した子供が借りた物件で、契約では買ってはならないペットを飼育していたため、
修理費として23万円を請求されています。

現在子供はその部屋を退去して別のところに住んでいます。
たびたび請求がありましたが、払えないといって、子供は無視し続けていたようです。

保証人は親である私です。

この場合払わないとどうなるのでしょうか。
保証人も何か法的処置を受けるのでしょうか。

こどものいい加減な生き方を改めさせるために、親が支払うことはできるだけさけて、
自分で責任を取るようにさせたいのですが、大変なことになるのでしょうか。

子供が自己破産するということは可能なのでしょうか?
その場合の支払いは親がすることになるのでしょうか?

子供が大変なことをしていると自覚させたいとは思っています。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
お答えいたいます。よろしくお願いします。

まず、ペット禁止の賃借物件で、ペットを飼って、そのせいで賃借物に損害を与えた場合は、支払義務はあると判断されると考えます(ただ、契約書等の詳細を見ておりませんので、断定はできませんが)

つぎに、ご相談者様が、その保証契約をしているのでしたら、ご相談者様には支払義務があります。おそらく保証形態は、連帯保証と思われます。連帯保証は、主債務者(お子さん)に請求しなくても、保証人に請求出来ます。

支払いをしない場合、相手方としては、任意の支払い見込み無しと判断し、通常は、支払い督促、民事訴訟、調停等の裁判所を利用した、請求手続きを取ってくると思います。

支払い督促、民事訴訟等で、支払義務があることが確定した場合、相手方としては、強制執行といって、国家の権力を使って強制的にあなたの財産から回収を図ることができるようになります。
ただ、強制執行は、相手方も手間がかかること、強制執行に適する資産を発見しないといけないことなどから、できるだけ行いたくない、と考える場合があります。
そこで、支払義務が確定した後も、任意の支払いを求めてくる場合があります。
この場合には、相手方と話し合って、支払い方法(分割、利息など)と決めて支払っていく事になるでしょう。
しかし、任意の協議うまくいかなければ、相手方としては、強制執行を行うことなります。

以上が、簡単な流れです。
裁判等になれば、時間も費用もかかり、また日々遅延損害金もついてきますから、できるだけ早期に任意の話し合いに応じた方がいいかと思います。

お子さんが破産することができるかですが、

破産は、収入ではとても賄いきれない負債を負った場合に利用できるので、おこさんの収入等負債状況がわからないと何とも言えません。

負債が、23万円だけなら、収入がよほど低くなければ、裁判所は、破産を認めないのではないかと思います。

主債務者が破産しても、保証人の義務は変わりません。

できるだけ早期にお子さんと連絡を取って、不動産屋と協議することが望ましいと考えます。
息子さんの責任ですから、できるだけ、息子さんときちんと話し合って支払いに応じた方がいいとは思いますが、相手からすると、保証人にも請求出来る以上、保証人としての対応もせざるを得ません。
息子さんと連絡が取れなくても、不動産屋には、息子と話し合って応じたい、旨の申入れ程度はしておいた方がいいと思います。

以上ご検討下さい。

fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問