JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

飲食店の未成年アルバイトが勤務してから担当レジからお金がなくなるようになり、スタッフの財布からもなくなっているとの声

解決済みの質問:

飲食店の未成年アルバイトが勤務してから担当レジからお金がなくなるようになり、スタッフの財布からもなくなっているとの声が増え始め、先日たまたま自分の財布の中身を確認していた時財布からお金が明らかに抜かれていてその時は本人の鞄からでてきて認めた。お金に困っているとのことで上司がかわいそうと数千円わたしてあげたらそれを持って無断欠勤し音信不通。数日後スタッフに1通のメールで他でバイトしてるから、とだけ。正直何度も店を空けられ営業に支障がでたことは確かですしこのまま本人になにも起きないのはおかしのでは?その場合何らかの処罰を与えることはできないのですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、未成年と言えど、窃盗罪と言うことで、警察に報告された方が良いかもしれません。
いくらお金に困っているとしても、親御様やご親族様はご存じないのでしょうか?
ただ、少年犯罪の場合は、罰を科すと言うよりも、更生が目的ですから
刑務所に行くなどのことはありませんが
実際にお金が無くなっているのであれば、民事事件として、本人なり親御様なりに
損害賠償請求はされた方が良いでしょう。
当事者の間で、示談が出来ていれば、本人も刑事告訴はされても不起訴になる場合が
ほとんどです。
本人も人として反省しているのであれば、謝罪と損害は賠償すべきです。
アルバイトをしていたのであれば、相手の住所等は特定できるはずですから
内容証明等で請求されても良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手も事の重大さに気づき、反省もあり得るでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

過去の窃盗は現行犯で確認してないので何もできないのでは?親御さん、学校、警察に連絡を入れるのにこちらが不利にはならないのでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
基本的に、窃盗罪の場合は、刑事事件となり懲役等の重い刑罰もあるため
警察も慎重に動きます。下手をすれば人権侵害にも成りかねないからです。
ただし、物が無くなったと言う被害届は出せますし
本人が自白すれば、それが一番の証拠となります。
とりあえず、きちんと対応しなければ、親御様達に連絡するが
良いがと一度打診してみても良いでしょう。
反応がなければ、親御様だけには連絡してみても良いでしょう。
ご相談者様が法的に不利になることは無いですが
逆恨みだけは避けたいですね。
できれば示談で終わらせたいところです。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もすみません。飲食店なので慎重にしなくてはいけないためまたアドバイスいただきたい。やはり本人からはまったく何もないので、親御さんや学校にも連絡は入れたいと思います。その際、どのように話をし最終的にこちらはどこまで求めることが可能なんでしょうか?裁判などにはしなくてもかまわないのですがやはり事実を重く受け止め罰を受け反省してほしいと考えております。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
とりあえず、まずは親御様の所でとめておいた方が良いでしょう。
学校などに報告すると、今は簡単に停学や退学はあるので
逆恨みは充分にあります。
学校や警察には言わないことで恩に着せるではないですが
親御様からの損害賠償も可能だと思います。
それと、やはり証拠が無いと難しいとは思いますが
どれだけの被害があったかは従業員等に確認をしておくことです。
それらを資料にして損害賠償の交渉をすべきでしょう。
相手には、謝罪文等は書かせた方が良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問