JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

はじめまして。お聞きしたいのですが・・・。実は、実家の父親に、恋人のような存在の女性ができたようなんですが。。。父親

解決済みの質問:

はじめまして。お聞きしたいのですが・・・。実は、実家の父親に、恋人のような存在の女性ができたようなんですが。。。父親は85歳、3年前に妻を亡くしています。現在戸建てに一人暮らし。娘は私一人で、車で10分くらいの距離に嫁いでいます。去年の夏頃から人工透析をはじめ、最初は週3回送り迎えをして、食事管理などもしてきましたが、透析後の不具合もなく、運転もまだまだできるので、最近では、自力で通院してもらっていました。ちょうど息子が大学に入り、一人暮らしを始めた準備などで忙しく、あまり父親のことをかまってなかったのですが、先日、家を片付けてくれる人がいると告白されました。母も亡くなってますし、父の人生なので、娘の私がクチをだすことではないのですが、父は、昔からお伊達に弱く、何度も浮気を繰り返し、その都度相手の女性に大金を貢いできたような人物なので、今回も騙されているのではないかと心配です。本人は、「入籍などはありえない」と言っていますが、相手の女性にほだされて勝手に入籍されると困ります。知り合いから、「婚姻届不受理申出」というものがあると聞いたのですが、父を説得して、勝手に入籍できないようにすることは可能でしようか?また、父に「女性と付き合っても入籍はしない」と念書を書いてもらい、それを公正証書にすることは可能でしょうか?その場合、その証書は法律的に有効でしょうか?お忙しい中大変申し訳ありませんが、ご教授願えれば幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
回答いたしますのでよろしくお願いいたします。

夜も遅いので、簡潔に回答いたします。

1 婚姻届け不受理申出は、籍を入れられては困る本人が申し出るものです。
  AとBの婚姻届けを勝手に出されたくない場合、A又はBが、自分について勝手に婚姻されないようにお願いするもので、CがAとBの婚姻届けの不受理を求めることはできません。

 そこで、本件では、女性に勝手に婚姻届けを出されないようにお父様が出す、ということはいいのですが、ご質問者様が出すことはできません。

 お父様に不受理申出を出してもらうように説得すること自体が婚姻の抑制になるかもしれませんが。

2 「付き合っても入籍はしない」、という公正証書効力ですが、法的な効力はまったくありません。
 婚姻は、まさに婚姻しようとしたその時点の本人の意思を尊重すべきものなので、予めそのような合意をして婚姻を抑制することはできません。

 仮に効力があると仮定しても、お父様とご質問者様が合意した場合、女性は当事者ではないので、女性には全く効力が及びません。
 また、当事者間で効力があると仮定しても、それを強制することができません。例えば、婚姻届けの差止めはできません(体を拘束するようなことはできません)、また、婚姻届けを出しても無効とすることができません(婚姻届け自体は役所との関係なので、私人間の契約が、対役所の届け出行為自体の有効性に影響することはないのです)。

 次に、お父様と女性がそのような合意をしても、まさに当事者ですので、新たに合意して契約を解除すればいいので、結局破るのは自由です。

 そして、お父様とご質問者様で、婚姻しないという約束をして、もし約束を破った場合に、罰金を払う、という約束をすることで、間接的に婚姻を抑制する、という子とも考えられます。この場合、約束の内容が、金銭請求なので、一見可能なように思えます。
 しかし、婚姻は当事者の自由意思によって決められるべきもので、婚姻を抑制する契約は、公序良俗に反し無効とされると考えられます。(民法90条違反)。

 以上の様に、法的には全く効力は無いのですが、お父様と女性がそのことを理解するかは別問題ですので、そのような書面を作ることで、事実上、牽制できる、という効果は期待できるかもしれません。

以上ご検討下さい。
  
  
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問