JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

5月30日に友人が亡くなりました。今回困っているのはその亡くなった友人の母方の叔父さんに当たる方です。亡くなった彼女

質問者の質問

5月30日に友人が亡くなりました。今回困っているのはその亡くなった友人の母方の叔父さんに当たる方です。亡くなった彼女は親兄弟も死別しており一人暮らしでしたが、本人も身体を悪くして働けないことから生活保護を受けていました。亡くなった5月30日に6月分の生活保護のお金が銀行に振り込まれていたらしく(6月1日が日曜のため金曜に振り込まれたようです)、区役所の方から全額返金するよう言われたそうです。ただ銀行に言って事情を説明した所、本人が死亡、親兄弟がいない場合、たとえ叔父でも従兄弟であっても預金を下ろす事ができないと言われたそうです。この場合預金の全ては国にとられてしまうようなのですが、叔父さんが生活保護の金額を工面して支払わなければならないのでしょうか?叔父さんも高齢(72才)で仕事もなくどうしたらいいかと悩んでいます。区役所の方から国の方に請求してもらうような事はできないものでしょうか?
ずっと疎遠で離れて暮らしていたとはいえ、姪を亡くしたばかりで気落ちしている上にこんな苦労を抱えて、本当に気の毒で。高齢なのでネットで調べたり、あちこち相談に行ったりが難しいそうでしたので、何とか力になって差し上げたいと思いこちらのご相談しました。
何か良い方法をお教え頂けませんでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、そもそも、相続人でもない叔父様が、そのような借金返済のようなことに
なる意味がわかりません。
区役所側としては、返還してくれるなら誰でも良いと言う構えでしょう。
そもそも、身寄りがない方が亡くなった場合、相続財産は家庭裁判所に
相続財産管理人の選任を、利害関係者(特別縁故者等)が行うことになります。
その上で、相続財産管理人が、借金等を清算して
残余を、特別縁故者等に分与することになります。
 ただ、銀行預金は、実際には、亡くなった事実を、銀行に告げる前までは
親族等がカード等でおろすことも可能でしたが、今回はそれができなかったと言うことですから
やはり、家庭裁判所に申立てるのが近道と言えます。
審判自体は、数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございませんし
簡単な申立て書になります。
一度、叔父様にご相談者様も付き添われて、家庭裁判所でご説明を受けてみてはどうでしょうか?
現在は、家庭裁判所も受付で丁寧に説明をしてくれます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

こんな夜中にご返答ありが等ございました。


相続人でもない叔父さんがそのお金を返済する義務はない という事ですが、であれば区役所でそう主張をすれば通る話なのでしょうか。


また、銀行から国に没収されたお金を区役所が取り戻したいなら国に請求するとかはない事なのでしょうか。もしくは銀行に請求する事は不可能なのでしょうか?


余談ですが以前私が国民保険料を滞納していた時期があり、区役所に相談に行った際、区役所側は私個人の預金や生命保険を全て調査し把握していて、例えば最悪な場合生命保険を勝手に解約し、保険料を差し引いて私に返すという事ができる そういう権限を私たちは持っています と言われ、窓口で涙した事があります。


そんな権限があれば今回銀行に振り込まれた金額が生活保護からの金額と明確なのですから、なんとかできないもんなんでしょうか。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、大阪と言う土地柄もあるのかもしれませんが
あまりにも、区役所職員は横暴な感じも致します。
もし、そう言うことができるなら、それと同じように
亡くなった彼女の件も処理したらどうだと主張されてみても良いでしょう。
また、銀行もあまりにも融通が効かないと思います。
銀行は別に困ることはないので、もっと強引に言われても良いかもしれません。
場合によって区役所職員に同行してもらうでも良いでしょう。
ただ、とりあえず叔父様が立て替えて、実は、分割等でも構わないはずです。
それを利害関係者と言うことで、家庭裁判所で前述の流れで取り返す方法も
ございます。
区役所と分割返済の交渉をして、家庭裁判所の手続きもされてみてはどうでしょうか。
手続き自体は簡単に進められると思われます。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問