JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私が顔発し、著作権を有しているある教材を、Aという会社が製造しネット販売しています。同社の製品は現在のところその教材

解決済みの質問:

私が顔発し、著作権を有しているある教材を、Aという会社が製造しネット販売しています。同社の製品は現在のところその教材のみです。契約書では販売価格の3%が印税として支払われることになっており、販売数の報告がメールで来ますが、在庫表をつけてその数字の根拠を示して欲しいと2度ほど伝えても、社秘だといって応じていただけません。法的にどういう対策を取ればよろしいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
本来であれば、在庫管理や販売数量に関する証憑類を確認できるように、
契約書で定めておくべきでしたね。

過去分について、明らかに怪しいということであれば訴訟によって
想定される販売数量との差額について訴えることが考えられます。

今後についてであれば、たとえばいったんライセンス契約を停止し、
今後については新たに契約を締結するまで認めないという方法が考えられます。

その上で、在庫数量などの定期販売報告を求めたり、監査権限を定めた契約を
改めて締結する方法、商品に証紙の貼り付けを義務付けることで、販売数量を
管理するといった方法が考えられます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

併記することを忘れましたが、契約書には「月次販売数が決定するつどその個数の証拠となる書類の複写を送付する。申し出があった場合には、乙はその書類の閲覧に応ずる」とあります。A社がこの義務の不履行を続ける場合、たとえば、弁護士さんを通じて履行を迫りたいと存じますが、そのような場合の費用は通例、どちらが持つことになるでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

併記することを忘れましたが、契約書には「月次販売数が決定するつどその個数の証拠となる書類の複写を送付する。申し出があった場合には、乙はその書類の閲覧に応ずる」とあります。A社がこの義務の不履行を続ける場合、たとえば、弁護士さんを通じて履行を迫りたいと存じますが、そのような場合の費用は通例、どちらが持つことになるでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

併記することを忘れましたが、契約書には「月次販売数が決定するつどその個数の証拠となる書類の複写を送付する。申し出があった場合には、乙はその書類の閲覧に応ずる」とあります。A社がこの義務の不履行を続ける場合、たとえば、弁護士さんを通じて履行を迫りたいと存じますが、そのような場合の費用は通例、どちらが持つことになるでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

併記することを忘れましたが、契約書には「月次販売数が決定するつどその個数の証拠となる書類の複写を送付する。申し出があった場合には、乙はその書類の閲覧に応ずる」とあります。A社がこの義務の不履行を続ける場合、たとえば、弁護士さんを通じて履行を迫りたいと存じますが、そのような場合の費用は通例、どちらが持つことになるでしょうか。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
まず、弁護士に依頼をした場合で、話し合いで解決できた場合や、
裁判になっても和解で終わるケースでは、弁護士費用等については
各自負担となるのが一般的です。

裁判で判決までいった場合ですと、不法行為(交通事故など契約とは
無関係に生じた損害)についての事件であれば、弁護士費用については、
弁護士費用として損害額の1割程度が認められます。

しかし、契約違反の場合については認められず、各自の負担となるのが
原則です。
ただし、平成24年に新しい判決があり、労災事故において、弁護士費用を
相手方に負担を認める判決が出ています。今後の動向しだいではありますが、
認められる可能性がありますが、まだどの場合なら認められるとまでは
いいにくい状況です。

---
なお、契約書の作成に関しての通例、ということですと、監査自体を
弁護士や会計士等の専門家に行わせる定めや、その費用を負担させる
条項をいれる場合もあります。ただしこれはどう定めるのがが一般的と
いうよりは、売ってあげてるのか、売って頂いてるのか、というような
取引関係の強弱によって決まることが多いといえます。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問