JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4759
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

調停離婚成立後に相手方が約束をまもらず年金の50%を要求する訴えを起こしてきました 相手方には不貞行為が有り年金の

解決済みの質問:

調停離婚成立後に相手方が約束をまもらず年金の50%を要求する訴えを起こしてきました
相手方には不貞行為が有り年金の要求をしないという条件の下に財産の殆どを渡し養育費も
支払しています、調停の差し戻しは可能でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、年金に関しては、離婚調停の中で、分割はしないと調書までにしてあったのでしょうか?
それを覆してくるとは、元奥様も相当手強い方だと思われます。
年金分割自体は、ご存じの通り、離婚後2年以内に年金事務所で手続きをしないといけませんが
公正証書等で年金分割のことを決めていないと、元奥様がお一人では手続きができず
ご相談者様と一緒に手続きをしないといけません。
元奥様は、不貞行為をしておきながらも離婚はしたくないとのことで
調停までになったと思いますが、どうでしょうか。
また、お金に執着もあるようです。
離婚条件は、原則民事ですから、双方が合意すれば、どう言う内容も自由な
訳ですから、それを覆す限りは、ご相談者様も手を打った方が良いでしょう。
年金分割は、今の制度では、多分50%を支払えと言うのは裁判で取り消すことは
難しいと思いますので
おそらく、財産分与(2年)や慰謝料(3年)の時効は過ぎて無いと思いますので
財産分与等のやり直しの調停等もされてみてはどうでしょうか?
不必要な財産は返してもらうことと、養育費も算定表の一番安い額に変えるとか
慰謝料も請求します。
場合によっては、親権変更を申し立ててみてはどうでしょうか。
年金分割の方は、裁判になると難しいので、そちらで攻めてみてはどうでしょうか。
弁護士の先生にご依頼して、徹底対決していく覚悟で良いと思います。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

supertonton先生


お世話になります、先生のお察しの通りで不貞をしながら離婚はせずに


のらりくらりしたい、というのが元妻の願望でした。


調停の時は不貞の裁判は避けたいのでしぶしぶ年金分割の請求はしないと


いう事で合意しましたが、どうも裁判所の書記官が向こうに入れ知恵をしたらしく、調停調書には年金分割の権利を放棄すると言う内容は記載されていなく、


その事を裁判所に出向き書記官に年金分割の放棄について記載漏れが有りますと言いましたが、法律的に元妻にも権利が有るので調停の場で元妻


が認めたとしても調書には書けませんと言われました。


それから約週間後に元妻からの年金分割の請求の訴えがありました。


他の元妻が有利になる事は全て記載されているのに此方の唯一の願いが


記載されませんでした、出来れば調停そのものを差し戻して不公平な裁判所のやり方にも不服を申し立てたいと言うのが本音です。


裁判所(書記官)にたいする不服は何処に訴えれば良いのでしょうか?


それ故に今後の方針が定まりません。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、裁判官がえこひいきなどをしている客観的な証拠がある場合は
裁判官を拒否できる場合もありますが、今回の件では、個人的な問題ですので
難しいと言えますから、裁判官の判断に異議があれば上級の裁判所で
争うことになります。
ただ、基本的に、年金分割の拒否はほとんどが認められていないので
争うだけ無駄に終わるかもしれません。
それであれば、年金分割は認めて、財産分与と慰謝料の見直しをされた方が良いでしょう。
財産分与は、婚姻中に形成された財産は、共有財産となり折半が原則です。
その上で、不貞行為に対する慰謝料請求で調整することになります。
今後、下手に養育費などを支払わないことで調整しようとすると
調停調書があるので、強制執行され兼ねません。
家庭裁判所は、特殊な案件は嫌うので、今、年金分割を認めないのは特殊な案件なので
拒否しただけで、入れ知恵と言うのでも無いかもしれません。
調停は何度もできますので、調停のやり直しで動く方が良いでしょう。
地元の弁護士の先生とご相談して動いた方が良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答有難う御座います。


調停のやり直しをするにはどうすれば良いでしょうか?


手続きや用紙等必要なものを教えて下さい。


宜しくお願い致します。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
前回の調停は、元奥様が申立てられたのでしょうか?
基本的に、家庭裁判所に財産分与の調停の申立をすれば良いことになります。
調停の費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要はございません。
申立用紙は2枚程度で家庭裁判所にありますし、ダウンロードも出来て
郵送での申立も可能です。
陳述書を提出してこれまでの経緯を説明されると良いでしょう。
場合によっては、裁判所から半年ぐらい間を空けてくれと言われる場合もありますが
すぐにしたいと申し出ても良いでしょう。
裁判になるよりは、調停の方が良いとも言えます。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問