JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

相続放棄と時効援用についての相談です。両親は20年以上も前に離婚しており、父は2001年に他界しております。その父が

解決済みの質問:

相続放棄と時効援用についての相談です。両親は20年以上も前に離婚しており、父は2001年に他界しております。その父が生前に多分愛人だと思いますが、連帯保証人となって市の福祉センターから母子寡婦福祉資金100万円を平成2年9月に借りており償還期間平成3年10月〜平成10年9月になっています。借りた本人が自己破産、連帯保証人の父は亡くなっているために私達兄弟3人に今年の1月に支払い請求が届きました。私達兄弟3人は父が亡くなった後に既に相続放棄の手続きをしていることを福祉センターに伝えその証明書も家裁から取り寄せて提出しており、それで終了だと思っていたところ5月にセンターから時効援用の申立書と送られてこれに署名するように言われましたが私はどうしても承服出来ないと言って断りました。兄と妹は何度も仕事中に電話で催促されていたようでこれでこの件が完了すると言うことでその申立書に署名して提出したようです。因みに私はアメリカ在住で直接は催促の電話はなかったのですが妹のところに何度も確認の電話がかかって来たようです。私も納得出来ないので直接担当者に電話して確認したところ債権処理のためだとか。3人の書類が揃わないと今度は父の両親、兄弟に当たらないといけないのでとも言ってました。これを出すと確実に完了なんですかと言う質問に対して完了になると思っています。と言うことで確実だとは断言していませんでした。私はどのように対処すれば良いのでしょうか。このまま無視をしていても良いのでしょうか?ご回答を頂ければ幸いです。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
ご兄弟はみなさん家庭裁判所で相続放棄の手続きをされていますので、お父様の債務に関して一切の権利・義務を負っておらず、市の福祉センターの求めに応じて事項援用の申立書を送る義務はありません。
したがって、相続放棄したので二度と連絡するなと言って後は一切無視しても構いません。

センターの立場を推測すると、回収不能・貸倒損失として処理するためには相続人が誰もいないか、あるいは時効の援用によって支払が受けられないということを確定させないとならないのでしょう。
前者の相続人については、第一順位の相続人である子が全員相続放棄すると第二順位のご両親等、第二順位がいないあるいは相続放棄しているとさらに第三順位のご兄弟が相続人となるため、これらの者がいないか調査し、もしいれば請求しなければならないため、かなり手間がかかります。
他方、後者の時効の援用の場合の場合でも、相続放棄をした第一順位の子には時効を援用する権利もないので、本来は時効を援用してもらうにしても相続放棄していない相続人を探すことが必要なのですが、書類上第一順位の相続人から時効の援用があったと形式を整えることで手続きを簡略化して済ませてしまおうという意図だと考えられます。

相続放棄をした第一順位の相続人にとっても、センターに協力したからといって後でなんらかの責任を問われるようなことは考えられませんので、義務はありませんが協力しても構わないでしょう。
また第二順位、第三順位の相続人がおりこの方たちが相続放棄をしていないようであれば、センターに協力して時効の援用ということで処理してもらった方が簡便で、後順位のご親族に迷惑がかからないので良いかもしれませんね。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
迅速な回答有り難うございます。
協力しても構わないでしょうとのことですが、兄、妹も既に申立書を提出しておりますので、私も署名して出すべきでしょうか?申立書の内容で
なお、仮に時効中断の事実があって未だ援用が出来ないものと認められる場合にはその詳細を書面で回答して下さい。とありますがどう言うことなのでしょうか?相続放棄をしておりますので気にしなくても良いのでしょうか?

法律 についての関連する質問