JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

7年3ヶ月交際していた相手に毎月10万円前後(借金・年金・保険・携帯使用料・ペット餌代・日用品・衣服代他)使っていま

解決済みの質問:

7年3ヶ月交際していた相手に毎月10万円前後(借金・年金・保険・携帯使用料・ペット餌代・日用品・衣服代他)使っていました。交際する際に、その時に働いていた仕事(風俗関係)を辞めてもらいました。相手から結婚はちょっと待ってと言われたので、その言葉を信用し現在までお金を出していたのですが、突然、頼ってばかりいては自分がダメになると言いだし、別れを告げられました。このような場合、お金を取り戻すことは出来ないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
恋愛関係にある男女間において、男性が女性の生活費その他について援助しお金を渡すということも良くありますが、法律によれば、これは書面によらない贈与契約により金銭を贈与していると解釈できます。
そして、書面によらない贈与契約はその履行が終わると取り消すことができない、つまりお金を渡してしまったあとにやっぱり返して欲しいと言うことはできませんので、ご質問のお金を取り戻すことも残念ながらできないでしょう。
一度あげてしまえば、相手の一方的な都合で別れたとしても、あとから返せとは言えないのです。後でお金を返してもらいたい場合には、お金を出すときにあげるのではなく貸すのであるということを明示して借用書などの証拠をしっかりと残しておく必要があります。


また、もし交際しているだけではなく双方にはっきりと結婚の意思があり婚約していたような場合は、相手の一方的な婚約破棄であるとして損害賠償や慰謝料請求をすることも可能ですが、お書きいただいた事情ではまだ婚約の段階まで至っていないように思います。
婚約に至らない恋愛の段階では法律が介入するのは相当ではないというのが原則であり、例え相手に不誠実な行為があっても法律が介入することはできないのです。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問