JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2227
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

妻が共済の生命保険に加入しています、このたび妻が亡くなりました。普通死亡400万円です。 その共済(都民共済)には

解決済みの質問:

妻が共済の生命保険に加入しています、このたび妻が亡くなりました。普通死亡400万円です。
その共済(都民共済)には、受取人の欄がありません、かわりに?受取人順位というのがあります、1番は配偶者次子、父母とあります、そこの説明では1番の配偶者が保険金の全額を受け取るとの説明でした。妻は再婚で前夫との間に2人の子(成人)があります、共済側の説明の通りこの400万円は相続の対象にはならないのでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


通常、生命保険金の受取人が本人(亡くなった人)であれば、保険金は相続財産ですから、配偶者とお子さんで分けることになります。

しかし、今回のケースでは受取人が本人ということでなく、第一順位として配偶者と指定されているのであれば、保険金は相続財産とはならず、配偶者に全額受取る権利があります。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問