JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして、よろしくお願いします。このたび、私が原告となり、商品代金の支払いに関する裁判を、今週の22日に行う

解決済みの質問:

はじめまして、よろしくお願いします。 このたび、私が原告となり、商品代金の支払いに関する少額訴訟の裁判を、今週の22日に行うことになりましたが、初めてのことで裁判の進行がわかりません。 裁判の進行はどのようになるのでしょうか? また、弁護士さんが出てきては、こちらには勝ち目はないのでしょうか?ちなみに私は弁護士さんを頼んでいませんが、被告は弁護士さんを頼んでいます。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

相手だけに弁護士がついたから負け、ということにはなりません。

例えばですが、貸した金を返せという裁判で借用書がありさえすれば、
弁護士であってもその事実を否定することはできませんから、
訴訟には勝てます。
要するに、民事裁判は証拠の有無で勝敗が決するのであり、
弁護士の腕でカバーできる範囲は非常に狭いというのが現実です。

ただ、弁護士ではない人だと、
何が大事な証拠がわからなかったり、主張が不十分であるということは頻繁にあります。
そして、主張や証拠は自分の責任で出さないと裁判所に考慮してもらえないという大原則があるので、大事なことを言い忘れたまま裁判が進んでいる、ということもあります。

不安があるなら、とりあえず相談くらいしてみてはいかがですか。
相談料だけで訴訟の展望をアドバイスしてもらうのです。

また、今後弁護士からは反論の書面が出されますが、
それに対しても書面で主張を行う必要があります。
この書面の書き方がわからないと裁判は結構苦労すると思います。

とにかく弁護士がついたから負け、ということはありませんが、
つけておいた方が無難ということは確実に言えます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問