JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3499
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は51歳の独身女性です。自宅で翻訳の仕事をしています。 2006年から4年間にわたり、ガンの母親の看病・介護をし

質問者の質問

私は51歳の独身女性です。自宅で翻訳の仕事をしています。
2006年から4年間にわたり、ガンの母親の看病・介護をし、3年前から今度は認知症(要介護2)の父親(86歳)の介護をしています。親と同居してきたこともあり、娘の私が両親の面倒を見ました。

兄は千葉に住み、銀座で飲食店を経営しています。昔から実家の両親のには反抗的で、教育方針が悪いと批判し、そのため生前の母は心を痛めてきました。母がガンで倒れても、「お袋、大丈夫か?」とか「親父大丈夫か?」という思いやりの電話すらよこした経緯がありませんし、また私が兄に電話をするものなら、「くだらないことでいちいち電話をかけてくるな!」と言って、ガチャンと電話を切ります。先日兄の車で父を市内の老人ホームに入所させたときにも、嫌がる私を無理やり自分の車に乗せ、「翻訳なんて微々たる収入しか入ってこない仕事は趣味だ、コンビニでも清掃の仕事でもしろ!」と怖がる私に権力を振るい、私に暴力を振るいました。

父には生命保険金(簡易保険:300万、ジブラルタ生命:210万)があり、私は当然両親の介護をし、
長年家のために苦労してきたので、長女である私が相続できるものと思っています。

2年前に父はまだ意識がはっきりしていたので、簡易保険の受取人の名義を私の名前に、変更しました。早めに父の遺言状を作りたいと思った私は、今朝に親に生命保険の相続人の話を切り出すと、「長男にも生命保険を相続させるべきだ。彼は男だから重いんだ!」などと、以前の自分の考えと違うことを言い出しました。これは「認知症」という病気がさせるもので、父はこのところ考えをころころ変えるのです。

そこで専門的なアドバイスをお願いします。
法律では、実際に親の介護をした娘に親の生命保険金を満額受け取るまっとうな権利があるのではないでしょうか?親としても自分の介護をしてくれた娘の方が、他の子供よりも大事であると思うはずです。私は相続人として、どこまで権利がありますか?

困窮しております。助けて下さい。お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問