JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

8年前、平成18年に、精神疾患で入退院した後に長期通院することになった件について、当時通っていた専門学校の先生や生徒

解決済みの質問:

8年前、平成18年に、精神疾患で入退院した後に長期通院することになった件について、当時通っていた専門学校の先生や生徒にその長期通院することになったことについて因果関係があると思っているのですが、今慰謝料請求した場合、勝つことができるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
   因果関係を証明できれば勝てるでしょうね。そのためには医師の診断書に本件事故(具体的事件を挙げる必要があります。誰の、何時の、どういう行為が引き金となったのか、ということです。

 あ、ごめんなさい。平18ですと、平21で3年の消滅時効(民724条)にかかりますから、残念ながら時効ですね。

★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。
質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。


3年で時効ということは、この件に関してはなにもできないということでしょうか。他に手立ては一切ないのでしょうか?


当時は訴えるという考えすらうかばないくらい状態が悪かったのが、回復してきたのか色々考えられるようになったことで訴えたくなった場合でもどうしようもないのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 それはやってみないとわかりませんね。心神喪失の状態にあって、「損害および加害者を知ったとき」から3年というこの起算点を繰り下げるか、民724条後段の「不法行為」時より20年(これは消滅時効ではなく除斥期間)を(判例を調べ上げて)主張するしかないでしょう。

 極めて難しいとは思いますが(再審請求並みに難しい)、そういうテクニックを使うしかないですね。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。

 
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問