JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

結婚して7年の夫婦ですが、夫に浮気相手と隠し子がいたことから話し合い、お互い納得の上離婚することになりました。互いに

解決済みの質問:

結婚して7年の夫婦ですが、夫に浮気相手と隠し子がいたことから話し合い、お互い納得の上離婚することになりました。互いにずっと共働きで共有財産もないため、ほぼ離婚届を提出するだけの状態です。
ゴタゴタするのが嫌なため、私からの慰謝料の請求は主人にも浮気相手にも特に考えていません。

ただ、一応一般的に離婚に伴って注意しておいた方がいいリスクとそれへの対応のようなものがありましたらご教示頂ければ幸いです。

また、主人の浮気相手の方は水商売の方(別の男性に出資資金を出してもらい、スナックを経営している)で、主人の子を産みながらも、私が離婚した後主人と一緒になる気はなく、主人いわく養育費や認知も要求せず、既に他の複数の男性と新しい関係に入っているようなのですが、親戚にその筋の方がいるようなのです。
つまり、本人は今のところ特に主人に何も要求せず、奔放に生きているだけの女性のようなのですが、周囲の環境や本人のいい加減さから、いつ悪い考えを起こして、主人に恐喝まがいのことをしてもおかしくないと思っています(特に、主人はそれなりの社会的立場があり、そういう弱みにつけこまれやすい)。
その場合、元妻の私にも、彼女から何らかのアクションが及ぶことは考えられますでしょうか?
念のため、お伺いさせて頂ければ幸いです。良い回答を頂いた方に引き続き有料で個別に相談に乗って頂くことも考えています。どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


一般的に言って、離婚に伴って考えなければならないのは「慰謝料」と「財産分与」と「子供の親権」です。

それさえクリアすれば、あとは離婚すれば「赤の他人」です。離婚後は何にも縛られることはありませんし、トラブルになることはありません。

質問者様の方からは慰謝料を請求することはないと、いうことですが不貞行為の慰謝料は原則として離婚してから3年で時効になります。つまり3年経過すると請求できなくなりますからお気を付けください。もし慰謝料を請求したい場合は3年以内にということになります。

また、財産分与も離婚から2年で時効になりますので、その点もお気をつけ下さい。不動産や多額の財産がある場合はきちんと分けた方がいいです。

また、お二人の間にはお子さんがいないようなので、親権を心配する必要はないですね。

あと心配しておられる夫の浮気相手のことですが、たとえ離婚後にご主人が恐喝まがいのことをされたとしても、もう質問者様は赤の他人ですからアクションが及ぶことはありません。質問者様に何かを要求することはお門違いですので安心していいでしょう。



shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問