JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 993
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

営業妨害についての相談ですが 私は社交ダンスの教師をしております。 3月に店のパーティをホテルを借りとりおこなった

ユーザー評価:

営業妨害についての相談ですが 私は社交ダンスの教師をしております。
3月に店のパーティをホテルを借りとりおこなったのですがその後生徒が立て続けにやめ
経営が苦しくなり ホテルの利用料を支払うのが困難となり ホテル側に相談し 分割で払うとの
約束を交わしたのですが その後 ホテルの営業マンが 私の同業者に金を払ってくれない
事や店の経営状態や私が分割で払うなどの個人情報を次々に言いふらしていることが分かり
大変困っています。
おかげで業界では話に尾ひれがつき、逃げた とんだといわれ放題です。
それでなくても経営が苦しいのに こんな信用を失墜させられるようなことを言われれば
さらに私が苦しい状況に追い込まれています。店を閉めようかとも悩んでいます。
こんなことを言うホテル側は私の店を潰したいのか 払ってもらわなくてもいいのか
何を考えているのかわかりません。
このような事でホテル側を訴える事が出来るのでしょうか?
ご質問のケースのように、社会的評価を下げるような具体的事実を
いい広める行為は、名誉毀損罪に該当します。
名誉毀損罪は、その内容が真実か虚偽かは関係なく成立します。
(起訴される前の犯罪事件など、公共性による例外があります。
ワイドショー番組などが逮捕されて起訴されたとたんにおとなしく
なるのはこのためです。)
刑事、民事双方事件として取り上げることが可能な内容ですが、

1.営業マンの暴走の可能性が高いかと思いますので、まずはホテル側に
 内容証明を送付されてみるという方法はあるでしょう。裁判を考える
 のであれば、こちらとしても十分な証拠を用意しておく必要があります。
2.刑事事件としては、現実的には警察はなかなか取り合ってくれません。
 それでも、一度相談に出向かれておくことは、相手へのけん制になりますし、
 警告後も継続するような悪質なケースでは事件化してもらえる場合もあります
 ので、とりあえず相談に行っておく、というのは無意味ではありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

返答有難うございます。証拠としては営業マンから聞いたという方が教えてくれた話を録音してあります。


後 内容証明ですが自分で作成するのでしょうか?またホテルの本社の責任者に出すべきでしょうか?


それとも弁護士におねがいすべきでしょうか?


警察は相談に行ってみます。


 

内容証明については、ご自分で作成されることも可能ですが、
良くも悪くも記録として残ることになります。
ご自身での作成が不安でしたら、弁護士や行政書士といった専門家に
依頼されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

名誉棄損とありますがこの場合どれくらいの勝率が見込めますでしょうか?


金銭が苦しい時なので勝率により弁護士か自分でするのか悩みます。


ホテルの支払内容については135万です。


それを分割契約したところ、そのあと言いふらされ 1回目支払は15日で


それはきっちり払うつもりです。


 


払う前に内容証明を送った方がいいと思いますか?


それとも払ってからの方がいいですか?

裁判は水物であり、対面してのご相談ですら予想外のことが起きて
敗訴する場合もあります。ご質問を拝見する限りでは、発言内容に
誤りがなく、証拠も十分であれば当然勝てるはずの内容ですが、
たとえば録音内容を発言した当事者が、なぜか相手方の証人として
出廷して、その録音は無理やり言わされた、などと言い出すような
ケースも皆無ではありません。

名誉毀損と、こちらからの支払い時期は、特に先後を問うものでは
ありません。理屈からいえば、名誉毀損の慰謝料と相殺して、支払いを
しない、という方法もあるのですが、一度も支払わないままそれを
しては、最初から支払う気がなかったんじゃないか、ということにも
なりかねません。
もっとも、早いに越したことはありませんので、時間が取れるようで
れば、明日にでもその録音されたものを持参の上、弁護士さんと相談を
されてみて、事件全体の見通しと内容証明等送付や支払いについてあわ
せて方針を検討してみてはいかがでしょうか。
もし、時間が取れないようであれば、無理にこだわる必要はないものと
思いますので、15日はとりあえずお支払いをされて、時間のある際に
なるべく早めにお近くの事務所でご相談いただければと思います。

※JUSTAnswerはネット上での質問サイトであり、対面でのご相談や
書面作成など、サイト上以外での業務依頼を受けたり、具体的な事務所を
ご紹介することはできませんのでご容赦ください。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問