JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

商品代を請求するとメールでの嫌がらせが日時関係無く来ます。支払う気持ちが無いからです。メールの誹謗 中傷法的に対処す

質問者の質問

商品代を請求するとメールでの嫌がらせが日時関係無く来ます。支払う気持ちが無いからです。メールの誹謗 中傷法的に対処する方法アドバイス頂けませんか?-一年半の支払い滞納、メールでの名誉毀損、侮辱罪、迷惑防止条例、その間の精神的慰謝料こんな内容で支払いと今後のメール等を押さえる方法 よろしくご指導下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご相談者様と相手側の関係が少しご不明な部分はありますが
ご相談者様が業者として相手側のお客様に販売したのか
ネットオークションなどで個人間で販売したかにもよりますが
商品代金の時効は2年ですので、早目の対応が必要とも言えます。
まずは、時効を援用されないように、時効の中断と言うことで
内容証明で、商品代金の請求をしていきます。
これまでの、対応が不誠実ですので、なるべくは、民事法務専門の行政書士や
弁護士の先生にご依頼して内容証明を送ると相手に本気度が伝わり良いでしょう。
当然、支払いに応じなければ法的な対応(民事調停等)をしていくと主張していきます。
内容証明の作成は、商品代金の額にもよりますが、行政書士の先生が比較的お安いです。
60万円以下なら少額訴訟、140万円以下なら簡易裁判所等の民事訴訟もあり得ますが
額によっては、専門家にご依頼すると赤字もあり得ますのでご注意が必要です。
 メールの名誉毀損に関しては、刑事事件としての場合は
名誉棄損罪は、公然と不特定多数に対して事実を指摘して誹謗中傷をして
ご相談者様の社会的信用を棄損した場合に成立します。
今回のケースですと、メールで単一の相手方(ご相談者様のみ)に送る場合は
「公然と不特定多数」の部分の要件が難しいので刑事事件としての成立が出来ない可能性が高いです。
ただし、そのことにより精神的に傷ついたのであれば、民事としての不法行為の名誉毀損が
ございます。その場合は、慰謝料請求が可能とも言えます。
そのことも併せて内容証明で請求されても良いかもしれません。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問