JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日は質問にお答えありがとうございました。その件につきましては安心できました。  あの後事態は悪くなる一方で、

解決済みの質問:

先日は質問にお答えありがとうございました。その件につきましては安心できました。

 あの後事態は悪くなる一方で、私たち夫婦は一時的に家を出rことにしました。
それで心配なのは義姉がぴったり義母よりなので、私たちが家を出た後借家住まいの義姉夫婦が義母の世話という名目でこの家に住むのではないかということです。
義母は要支援の介護認定を先日自分で取りましたが、頭もしっかりしており買い物や病院も一人で行きます。
義姉夫婦がこの家に住むのを防ぐ手立てはあるのでしょうか?
またひょっとして住んでしまった場合出て行ってもらうことは簡単に出来るのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


前に回答された先生ではありませんが、変わってお答えしたいと思います。

大変な状況のようですが、法律的に一番重要なのは感情的なことではなく「誰に権利があるか」ということです。

今回のケースでは質問者様の配偶者(夫)に不動産の所有権があるということですから、法的に一番強く主張できるのは質問者様の夫です。

したがって、義姉夫婦は不動産の所有者である夫の承諾なくては家に住むことはできません。義姉夫婦が家に住むのを防ぎたいのであれば「勝手に承諾なく住まないでくれ」と主張するべきです。勝手に住めば「不法占有」となります。損害賠償請求も可能です。

仮に住んでしまって、退去を請求してもなかなか出て行かないとなると、裁判所に建物明け渡し請求訴訟を申し立てることになってしまいます。簡単には出て行ってもらえません。お金も時間もかかります。

ですから、本当に住んでほしくない場合は質問者様の夫の権利を主張して「絶対に家に来ることはやめてください」と主張するしかありません。



質問者: 返答済み 3 年 前.

>「勝手に承諾なく住まないでくれ」と主張するべきです。勝手に住めば「不法占有」となります。損害賠償請求も可能です。


 


とありますが、法律的に「不法占有」となり、損害賠償請求も可能にするためには、その主張は口頭でよいのか、あるいは何等かの文書にして渡し、その文書のコピーをを保管しておけばよいのか、その確実な方法をお教えください。


 


また義母は高齢なので、義姉に「家にこないで下さい」とは言えません。


「家に来ても、住むことは絶対にやめて下さい」という主張でもいいのか、それも合わせてお教えください。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
口頭で伝えて構いません。相手が実際に住んでしまったとなれば、それが事実となり相手は言い逃れはできません。
質問者様は、ずっと主張を続ければいいのです。


>「家に来ても、住むことは絶対にやめて下さい」という主張でもいいのか、それも合わせてお教えください。
→質問者様が家に来てもいいというのであれば、そのような主張でもいいです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問