JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございます。 自分が心配しているのは、自力救済した事によって、相手がシラを切り通した場合、例え同じ様

解決済みの質問:

回答ありがとうございます。
自分が心配しているのは、自力救済した事によって、相手がシラを切り通した場合、例え同じ様な前科があっても罪に問えないかどうか?
自力救済=事件解決で警察に言って無駄かどうかです。
窃盗に関しては証拠は自分の目撃証言だけですので、その事が立証されずにこちらの暴行、器物破損を調べられるならこのままにしておこうと思っています。回答お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
前科は証拠ではありません。

前科があっても更正する人はいますから、前科だけで今回の窃盗を立件できるものではありません。
ですから、自白と被害者の申告の両方が必要なのです。

自力救済=事件解決、とはなりません。

最初に回答したとおり、事件は起こったのです。起こった事件がなかったことにはなりません。

少なくとも被害申告がないと警察は動けません。事件の存在自体を知らないからです。

最後に書かれたような質問者様のことだけが調べられる、ということはありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
本サイトは無料相談サイトではありません。ご質問にはできるかぎり詳しく回答しました。そして、補足の質問に対して回答はします。質問は放置することなく、回答が参考になった場合には必ずプラス評価をしてください。

法律 についての関連する質問