JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございました。 解釈が少し難解なところもありましたが、参考になりました。私は、彼らがやっていることを

解決済みの質問:

回答ありがとうございました。
解釈が少し難解なところもありましたが、参考になりました。私は、彼らがやっていることを何とか、世間に知らしめることができなかと悔しくてしょうがありません。

そこで、公開質問のHPにしたらどうかと考えました。
HPを公開質問用に変えました。
この内容で、名誉棄損を指摘されることは、あるのでしょうか?今一度アドバイス頂ければ助かります。
なお、金融庁には報告しました。
書類を送るよう依頼され送りました。
どうなるかわかりませんが・・・
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 不特定または多数人の前で(「公然性」)、人の社会的評価を具体的に低下させる事実を告げること、というのが構成要件です(刑230条)。 

 HPで、裁判の相手方を誹謗中傷することは世上一般にみられることで、「法廷外活動」として、言論の自由の一環に含まれるとみてよいでしょう。

 権力をもたない個人にとって、HP上でのPRは表現の自由(憲法21条)に必要かくべからざるものだからです。

 よほどのひどいことを書かない限り(罵詈雑言はやめたほうがよいでしょう)、名誉毀損にはふれないと思います。

 訴えてきても刑230条の2(事実証明規定)で違法性が阻却されます。

 ★民亊法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問