JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

簡易裁判所から共有物分割請求事件として訴状が来ました。 相続人7名で父親から相続した現在空家の土地建物に関し、一部

質問者の質問

簡易裁判所から共有物分割請求事件として訴状が来ました。
相続人7名で父親から相続した現在空家の土地建物に関し、一部の相続人が業者に所有権を売却し、その業者が常識外の格安の金額で民法256条に基づき共有関係の解消を求めてきています。
いわば内輪のゴタゴタに介入し利益を貪ろうとする事件屋みたいです。
正当な価格であれば十分検討可能です。
訴状に対しどう対応すれば良いのか。
また、このような事件屋を懲らしめる方法はないのかご教示下さい。
よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは、いろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お父様の相続と言うことで、遺産分割協議が解決していないために
現時点で、そこにお住いの相続人等が、不動産の共有関係を嫌って
単独所有等にしようと言うことかもしれませんが
共有物分割請求と言うのは、基本的には、遺産分割協議とかぶるので
遺産分割の調停を家庭裁判所に申立てるのも手です。
共有物分割請求の場合は、現物か競売による代金の支払いになると思いますから
現物の場合は、7人もいるとあまり考えられないので
競売で安く売られるかもしれません。
そもそも、事件屋そのものが、お金を取って代理交渉ができるのは、基本的には
弁護士の先生位しかないので、違法行為です。
確かに、誰かの単独所有にするために全面的価格賠償も判例から認められているようですが
裁判所では、正当な価格とは言いますが、事件屋が介入すると言うことは
どこかで、相続人誰かが得や損をする形かもしれません。
当然、不調になれば、家庭裁判所の遺産分割調停にできますし、遺産分割には時効は
ありません。
そこで、きちんとした不動産屋を通すなりして売却した方が良い場合もございます。
まずは、数件の不動産屋に査定をしてもらって裁判に臨んだ方が良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


説明が悪く、わかりづらいかもしれませんが物件は空家です。


遺産分割は完了し、各人が所有権を有しており、一部の相続人がその所有権を事件屋に売却し、その事件屋が弁護士を使って格安の値段で残りの所有権譲れという訴訟を起こした事案です。


ですから回答された遺産分割云々は全く関係ない状態で事件屋及びその依頼を受けた弁護士に対する対抗措置をご教示ください。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話で、何となく見えてきましたが
あまり、面識があったり仲の良いご親族関係では無いようですね。
法的には、事件屋が入ろうが、法的に表立った部分は弁護士の先生が入っているようですし
法的な対抗手段としては、訴訟がまとまらないように他の相続人と協力して
断固、共有物分割請求による競売には応じないことです。
その相続人等は競売で安く不動産を得ようと言う魂胆でしょう。
その後に高値で売却と言うのが見えています。
その場合も、不動産価格の実勢価格を提示するために複数の不動産屋に査定はしてもらうことです。
場合に、よっては不動産鑑定士にご依頼して、正式な価格を出してもらうのも手でしょう。
とにかく、競売ではなく、全面的価格賠償を求めて行くことです。
相手が弁護士の先生をつけているなら、ご相談者様側も付けて対応された方が良いでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


 


当然捨て値で手に入れて高く売却を狙っていることは見え見えです。


共有物分割請求による競売には応じるつもりは全くありませんが今回捨て値で訴訟されましたのでその対抗策が知りたいのです。


具体的に全面的価格賠償を求めて行く方法が知りたいのです。


このまま行くと競売の前に捨て値の確定判決が出てしまいます。


こちらが素人をいいことにそれを食い物にする専門家がのさばるのを許していいのでしょうか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
その家が空き屋にも関わらず、共有物分割請求をして認められると思えませんが
他の相続人と協力して対抗することです。
1人の反対では無理でも、過半数程度の反対があれば、そのような判決が出るとも
思えません。
後は、誰かが、住むと言う手もございます。
競売とは言え、誰かが住んでいる物件を買う物好きな方はいません。
それと裁判所は、不動産鑑定士の価格には従うでしょうから
不動産鑑定士の先生にご依頼されて適正価格を出してもらうことです。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


また色々教えて下さい。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
少しでもお役に立てて良かったです。
また、何かございましたら
お気軽にご相談下さい。

法律 についての関連する質問