JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

元勤務先の会社を労働基準法違反であるとして、新聞社・テレビ局に記事にしてほしいとの依頼のメールを流したところ、名誉毀

質問者の質問

元勤務先の会社を労働基準法違反であるとして、新聞社・テレビ局に記事にしてほしいとの依頼のメールを流したところ、名誉毀損で訴えるとのこと。結局、ことを荒立ててもしょうがないと思い、
私の勘違い・思いこみによる事実誤認であり、訂正しますとのメールを新聞社・テレビ局に流し、それで和解しました。文書にはしていません。この場合、あとから名誉毀損で訴えられることはないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


マスコミに対して会社の信頼を害するようなことを流した場合、それが例え事実でも名誉毀損になってしまいます。

今回の場合も、質問者様がマスコミに流した時点で名誉毀損が成立しますが、訂正し和解したということですから心配ないと考えられます。

しかし、安全策としては和解内容を文書にしたほうが確実です。そうすれば後で訴えることはできなくなります。
文書にすることができるなら、そうしたほうがいいでしょう。

ただ、会社としても、ことを荒立てると労働基準法違反が明るみに出てしまい、厄介なことになります。したがって、今回のことは穏便に済ませたいと考えているでしょうから、訴えてくることは考えにくいでしょう。



質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。


 


和解したことを文書にすることは難しいと思います。この場合ほかに何か


和解したことを証明するためにやっておいたほうがいいことはありませんか。


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。


 


和解したことを文書にすることは難しいと思います。この場合ほかに何か


和解したことを証明するためにやっておいたほうがいいことはありませんか。


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
原則として、和解したことを証明するためには、相手からの文書がなければ直接的な証明はできません。

あとは「マスコミに訂正のメールを送ることにより和解した」ということをメモにしておき、実際に送ったメールを保存しておいて、それらの事実を「間接的な証拠」として取っておくことくらいでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。


 


名誉毀損の時効はどれだけでしようか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
名誉毀損は不法行為ですから、3年で時効になります。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

刑事罰はどれぐらいでしょうか?


また民事訴訟となるとどれくらいの賠償額を請求されるでしようか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
刑事罰は、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金です。

名誉毀損による損害賠償もあまり高額ではありません。
様々なケースにより金額は異なりますが、10万円から数十万円が相場となっているようです。


質問者: 返答済み 3 年 前.

過失による場合は刑事罰に問われないと聞きましたが。


 


どうでしようか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうですね。今回のようなケースの場合は警察が動くことはまずないでしょう。

刑事罰は心配することはありません。

法律 についての関連する質問