JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

知り合いに貸したお金(400万)を返してくれません 相手は事業をしていて消費税が上がるまえに資材を買えばかなり利益

解決済みの質問:

知り合いに貸したお金(400万)を返してくれません
相手は事業をしていて消費税が上がるまえに資材を買えばかなり利益があるので借りたお金に120%の利息をのせて返すとの事で借用書を取り交わしました。しかし先月の末が返済期限だったのですが返済できないと連絡があり、話し合いの末、国金で借りて返済するとの事で待つことにしました。現段階では国金で審査がおりて今週に入金があるとの事だったのに突然弁護士から内容証明が送られ方法外な貸付利息で刑事罰の対象で契約自体無効、元本利息を含め一切返済義務がありませんとの記載があり、このまま泣き寝入りしなくてはいけないのでしょうか。相手は利息も記載した借用書を武器に踏み倒すつもりだと思われますが、私はどのような対応で、そして元本を取り返すことは可能なのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは、大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、相手方は、元本も返さないで良いと言うのでしょうか?
そのようなケースは、ご相談者様が、闇金等の場合です。
単に、個人間の貸し借りで、元本まで免責されると言うのは、解釈がおかしいと言えます。
闇金の場合は、判例で、簡単に言えば、闇金のお金は、犯罪に使われるので返済しなくて
良いと言うもので、闇金でも無いご相談者様に対して失礼な話ではあります。
場合によっては、名誉棄損罪もあり得ます。
 ただ、そうは言え、問題なのは、利息120%と言うのが、出資法に抵触することです。
個人間の利息は、年109.5%までです。それ以上は出資法違反で
5年以下の懲役及び1000万円以下の罰金となります。
そのような契約書を作成したのは、確かに問題だったと思われます。
また、本来は、罰則はありませんが、利息制限法と言うのにも縛られます。
100万円以上の場合は、年1割5分の利息しかつけられません。
400万円だと年60万円の利息しかつけられず、それ以上は無効になります。
今回のケースは、内容証明で、ご相談者様は、闇金ではないことを主張して個人間の契約であり
利息制限法に基づいた利息を付けた元本の返済を要求すると言うことになります。
もし、最初から、そのような手口で踏み倒すのであれば詐欺罪が成立します。
仮に、相手方が、そのような高利で貸してくれと言ってきたら怪しいと言えます。
400万円もの大金ですから、ご相談者様も、弁護士の先生を立てて
代理交渉をしてもらうのも手です。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問