JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

前略、  私の実家の敷地に、娘と内縁の婿の為彼の名義でローンを組み家屋を10年前に建てることを認めました。 娘夫

解決済みの質問:

前略、 
私の実家の敷地に、娘と内縁の婿の為彼の名義でローンを組み家屋を10年前に建てることを認めました。
娘夫婦の折り合いがつかなくなり娘婿は実家に戻り、娘も鬱が昂じて、2人の子の養育を私たち祖父母に任せ、自活を始めました。現在その子二人が住んで居り、私も付近の婚家から、住民票を移し世帯主として面倒を見ています。家屋建築のローンに当たって、頭金及び、返済の毎月の振込みは、娘と娘婿が、均等に支払ってきました。なお、娘の支払いは、無収入の場合、私が建て替え、娘の看護専門学校の学費も私の老後資金から、就職後余裕が出来たら返済すると言う形で、借用書をもらって貸し付け、その総額は、ローンの頭金で娘の支払った額に相当します。
 最近娘と娘婿の間で、この家屋を売却するか、第三者に貸し付けその家賃を山分けする相談をし、われわれに持ちかけてきました。
 私としては、家屋建築を認めたのは、娘夫婦とその子が住むと言う条件で認めた(合意確認書あり)ので、売却や第三者へ貸すことは反対です。
 質問は、
(1)勝手に売却しないような法的手段が敷地所有者としてあるのか。
(2)ローン頭金娘支払分と娘への貸付分を相殺し、家屋に対する娘の権利を受継ぐことが可能か。
の2点です。
見通しでけでも、お伝えいただけると助かります。2014.0422
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

(1)建物の売却や賃貸という行為自体を法的に阻止することはできませんが、敷地所有者が他のものに敷地利用を許可しないという場合、そこを購入や賃貸しようとしてもトラブルになるだけなので、現実的に買い手や賃借人が付くことは非常に困難になります。
ですので、仮に娘さんやその婿が不動産屋等に相談しても上記のことを言われるだけで実際に処分することは難しいかと存じます。

(2)借用書もとってあるなら十分可能性があります。娘さんに支払い能力は無いようですので、代わりにその建物所有権の持分を渡すよう交渉することは法的に可能です。
(法的にはこれを代物弁済といいます)
仮にどうしても娘さんが応じなければ裁判をし、その建物持分を差し押さえるという方法でご質問者様の希望に沿うこともできようかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問