JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

車を運転中、一時停止違反で警察に捕まりました。違反キップにサインを求められましたが、過去に同じ管轄内で下記の警察の怠

解決済みの質問:

車を運転中、一時停止違反で警察に捕まりました。違反キップにサインを求められましたが、過去に同じ管轄内で下記の警察の怠慢があったため、過去との違いの説明を求めました。しかし、説明はなくサインを執拗に求めてきました。私は違反は認めたうえでサインを拒否し、違反キップを郵送してほしいと依頼しました。その後郵送はないまま呼び出し状が届きました。違反は認めているので、警察は違反キップを郵送すればよいだけなので、呼び出しには応じない旨の手紙を出しました。2回目の呼び出し状が来たので同じ趣旨の手紙を出しました。すると今度は検察から電話があり、告知書受取拒否のため書類送検があったとの話しだったので、郵送をお願いしており受取拒否はしていないことを伝えましたが、書類には受取拒否となっているの一点張りでした。その後しばらくしてから、検察から封書で、印鑑、身分証明書、罰金5万円を持って出頭するよう要請がありました。反則金ではなく罰金になっており、また前科がつくことになるのではないかと思います。納得がいかないのですが法的にはどうなのでしょうか。

       記

私の団地内で悪質な駐車違反があったため警察に対応をお願いしましたが、注意しても改善されないため違反キップを切るようお願いしました。しかし、青空駐車でありすぐには違反キップをきれないとのことでした。しかし、駐車しても残りの道路幅が3.5mないと違反であること、また、その家は角地のため交差点5m以内の駐車は違反であることがわかったので、違反キップをきよるう依頼しましたが、「あの家には暴走族検挙に協力してもらった」等いろいろ言って結局違反キップはきりませんでした。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
一般に青切符を交付される交通違反も、あくまでも犯罪であり、罰金などの
刑罰の対象になるというのが原則です。その上で、反則通告制度という制度で
特に例外的に、一定の条件を満たした場合に限り、反則金の納付をすれば、
罰金等の刑罰を科されないという制度になっています。
制度のない郵送での交付を要求することは、青切符の受領を拒否に他なりません。

軽微な交通違反で検挙された場合、警察官から違反時にその場で告知書
(いわゆる青切符)を受け取り、この際同時に渡される仮納付書で、期限内に
納付すればそれで終わります。
納付をせず、かつ指定された期日に出頭しなかった場合(期日の指定がなかった
場合を含む)には、後日通告書が郵送されてくることになっています。
通告書については出頭のない場合の送付が規定されていますが、青切符に
ついては、送付に関する規定がありません。
サインの拒否は差し支えないのですが、青切符の受領を拒否した場合には、
これを郵送で交付することはできず、通告書の送付もできないため、赤切符の
違反者と同じ流れになり、刑事事件として処理されることになります。

したがって、今回のケースを考えますと、取締りを行った警察官としては、
(電話や自宅訪問などで、ご質問者様を再説得して、青切符を受け取らせる
ことは考えられなくはありませんが、これを別にすると)送検し、刑事事件と
しての手続きを進めるしか、事実上選択肢がなかったということになります。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問