JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3492
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 昨年5月、地方議員である夫のブログのコメント欄に、妻である私の 誹謗中傷の書き込み

質問者の質問

よろしくお願いします。 昨年5月、地方議員である夫のブログのコメント欄に、妻である私の 誹謗中傷の書き込みがありました。 1年近く経ってしまいましたが、 書き込みをした犯人を見つけ出し、 刑事事件として処罰してほしいのですが 今からでも可能でしょうか。 調べるにも1年間も前のことですから、 情報が消されてしまっている、 またはどこまでたどり着けるか分からない ということも、よくネットで目にします。 私は大手の小売業でパートとして働いています。 夫のブログに書き込まれた内容は、 妻である私の名前と私の勤務している会社名、 私の上司のフルネームと上司の役職が書かれ、 「二人は不倫している。」 「奥さんを早く辞めさせろ。」 「会社でやりたい放題だ。」 「子どもが病気なのに」 という旨で、2回(日にちを空けて)に分けて 偽名(女性の下の名前)で書き込まれました。 2回とも、夫が書き込みに気付いたときに閲覧できないようにしましたが、 2回とも、書き込みされた当初は誰でも閲覧できる状態でした。 夫と相談し、名指しされた上司に、書き込み内容をプリントアウトした用紙を、 私が出勤時に見せました。店長にも上司から報告していただきました。 店長からは、 個人的なことなので会社がどうこうはしないが、 警察に届け出をするなら、してもらってかまいません、と私に言いました。 書き込みをした犯人が会社内部の人物であれば、 人物が明らかになった時点で、 犯人を懲罰委員会にかけて解雇することになるだろう という旨を言われました。 私に危害が及ばないように理由をつけて解雇も可能 だとも言われました。 その回答は会社の本部からの指示のようです。 私の上司は、自分は被害届けは出さないと言いました。私は、会社内部またはその関係者が書き込みしたことは間違いなく、気持ち悪いし陰険で恐いです


と店長に話すと、店長は、防犯ブザーを用意し、私に仕事の往復で使う鞄に付けておくよう指示し、会社の警備にも、


詳しい内容は言わずに、○○さん(私)が


会社内部の人物によりインターネットでの嫌がらせで困っているので、○○さん(私)が勤務している間は巡回を多目にするようにと


指示しました。


実際、私と上司は不倫していません。事実無根ですし頭にきます。 そして子どもが病気だと詳しく知っていたのは、私が仕事で遅番が できないことや勤務時間を短くしてほしいと相談を していた、誹謗中傷で『名指しされた上司』と、 その上司の部下である『私の直属の男性上司』でした。 私と一緒にパートで働いていた2人の女性も、子どもが体調不良で 入院しているとか、一部、私から話はしていましたが、 詳しくは知りません。 直属の上司は、昨年4月から鬱病で休職し、つい先日 仕事に復帰してきました。いまは上司ではありません。 働く階は違いますが、部署は一緒のため、 今後顔を合わすのは間違いないです。 私も店長も名指しされた上司も、全員が、 誹謗中傷コメントの犯人は、鬱病で休職している 私の直属の上司ではないかと、誹謗中傷の文章を 読んだときに思いましたが、 調べたわけではないので分かりません。 すぐに調べなかったのは、私の子どもが病気により 突然歩けなくなり、車イスで生活していたので、 夫から、 もし犯人を突き止めたとして、 犯人が、私たちの想像していた人物だったなら、 犯人が分かった時点で会社から解雇されるのは間違いなく、 鬱病で精神状態が不安定なところを そのようなかたちで犯人が食いぶちを失ったら、 自分たちの子どもが歩けないことを 知っているので、子どもが攻撃をうけるかもしれず、 それだけは避けたい と言ったからです。 現在は、子どもは歩けるようになり、 元気です。 そして、元上司が仕事に復帰したのを機に、私は、 嫌がらせの犯人を突き止めたい、 名誉毀損で訴えたい、 刑事罰を与え反省させたいと思いました。 嫌がらせの犯人が元上司であるかもしれない と思うことで、私は1年間ストレスでした。 また、直属の上司が休んでいるあいだ、私は パートであるにも関わらず、 上司不在のもとで上司の仕事をかぶり、また、 ほかのパートのみんなの仕事の割り振りや サポートなどもしてきました。 なぜ元上司が私に嫌がらせをしたと 考えるかといいますと、元上司には出来ないことが 私に出来るので、恨まれていた可能性はあります。 私が仕事の段取りや予定を考えたり 周りのパートのみんなの仕事の相談に 乗ったりしており、ほかの部署のパートの人や ほかの部署の上司の人たちから、 ○○さん(私)が上司のようだ、上司交換したら? などと、私と元上司の2人がいるところで 話をされたり、 本部からの重要なメールでのお知らせを 元上司が全く見ず、パートに対して 知らせなかったり、元上司が仕事の引き継ぎを していなかったために私やほかのパートの みんなが彼の仕事の尻拭いをしたり お客様にお詫びしたりしたことが多々あり、 出勤したらまずはメールをチェックして 重要なことなどを私たちパートに教えてください とか、仕事は最後まで責任持ってやってください と私が元上司に意見することもありましたし、 更に上の上司(名指しで誹謗中傷された上司)に相談し、 事実に基づいて口頭で指導していただいたことも何度も あったので、元上司は、私に対してや 自分の上司に対して、恨みを持っている可能性はあります。


元上司は遅刻の常習で、たびたび人事のほうの上司からも注意を受けていましたし、周りからは信用されていませんでした。


会社は年中無休の小売業ですから、


土日は社員はほとんど休めませんが、別の部署の上司が以前、私の元上司が土日を優先的に休んでいたのを、競馬に行くためだというのを 突き止めたことがあり、それを店長に報告されたとき、 元上司は、別の部署の上司のことを、 あいつだけは絶対に許さない!と私に言いました。 また、元上司は、私の夫とは別の地方議員の選挙事務所に 出入りしており、選挙のときにはその事務所に 詰めるほどの熱心さでした。


また、私が一緒に働いているパートの ひとたちは、私が面倒な仕事を引き受けたり 彼女たちの仕事をサポートしているため、 彼女たちにしてみれば、私が辞めたら自分の仕事が忙しくなりますし、 仕事やプライベートの相談にも私が 乗ることもありますし、 彼女たちに対して私が嫌みを言ったり 無理な仕事を振ったりはしないので、 彼女たちの誰かが嫌がらせをすることは 考えにくいのです。 元上司が犯人ではない可能性もありますが、 はっきりさせられるなら はっきりさせたいです。 私はこの会社に14年働いていまして、 今後も働き続けたいと思っています。 8時間勤務の週40時間、フル勤務です。 周りのパートのみんなのリーダー的な役割を 担っているのは間違いなく、仕事量は 同じ部署のパート内では明らかに多いほうです。 誰かの嫌がらせによるストレスによって私が つぶれてはいけないと、気持ちを強くもって 今日まで仕事をしてきましたが、 ここへきて、犯人かも知れないと考えていた人物が 戻ってきて、大変気持ちが萎えていますし、 気持ち悪いです。 会社の人事を握っている総務の上司には、先日上記の件は誹謗中傷の書き込み内容を文書で見せてお話しし、私が何かしらのかたちで 犯人を突き止めたい旨もお話しました。 店長にも話がいくと思います。 夫は2回目の誹謗中傷後から、ブログの書き込みを承認制に しまして、自由な意見交換ができないことに憤慨 しています。 ですから、子どもが元気になったいま、夫も犯人探しを承諾しています。 つらつらと書いてしまいましたが、 1年近く前の誹謗中傷について、書き込みをした人物を 特定すること、また、特定できた場合は、刑事罰を 与えることは、できるのでしょうか。


 

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問