JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

薪ストーブユーザーです。この冬は使用時間が多く、多量のススを飛散させてしまいました。1月末に隣家の車に落ちているのに

解決済みの質問:

薪ストーブユーザーです。この冬は使用時間が多く、多量のススを飛散させてしまいました。1月末に隣家の車に落ちているのに気づいて、一度、お詫びに行きました。
その後、2月上旬に呼び出され屋根にも付着していることを指摘されました。トラブルは避けたかったので、その場で清掃代を請求してくださいと、言ったものの、先日出てきた請求は約22万でした。(内容は足場設置と高圧洗浄)
知り合いの工務店に確認したら、内容からすると普通の値段でしょう、とのことで、近所付き合いもあるのでこの額は支払うつもりです。
しかし、
① そもそも支払う必要があったのでしょうか?
② もし支払わないとした場合、裁判になったらどのような結果が想定されるのでしょうか?③ 今後はススを飛散させないようにこまめに掃除をするつもりですが、何年後かにまた同じような請求があったら、どのように対処すればいいでしょうか?
長くなりましたが、お教えいただきたく存じます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>① そもそも支払う必要があったのでしょうか?
→あります。物権的妨害排除請求権による。判例では費用負担は被告の負担になります。

>② もし支払わないとした場合、裁判になったらどのような結果が想定されるのでしょうか?
→質問者が敗訴して費用を負担します。
>③ 今後はススを飛散させないようにこまめに掃除をするつもりですが、何年後かにまた同じような請求があったら、どのように対処すればいいでしょうか?
→とりあえず、まめに除去していくしかないですね。

> 以後はススは飛散させないので請求は今回限りにしてほしい旨伝えると、さらに激怒されました。
→将来のことは何も言わないほうがよいでしょう。

> 清掃の内容も足場と高圧洗浄でしたので、知り合いの工務店でもう少し安くやらせてほしい旨伝えましたが、屋根の専門業者でないとダメということで聞き入れられませんでした。
→これは交渉しだいでしょう。これに籍口して不当に高い値段で請求することは権利の濫用になりますから。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずずるものに非ず。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。返答が遅くなりすみません。


1点だけ確認させてください。今回の請求内容(足場の設置と高圧洗浄の約22万)を実施後、きれいに落ちなかった(隣家の満足のいく仕上がりでなかった)場合、追加の施工、それに伴う請求についても応じる必要があるでしょうか?また最後は瓦の交換まで要求されれば、応じる必要があるのでしょうか?


このあたりどこまで隣家の要求に応じる必要があるのか、についてお教えいただきたく存じます。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
>今回の請求内容(足場の設置と高圧洗浄の約22万)を実施後、きれいに落ちなかった(隣家の満足のいく仕上がりでなかった)場合、追加の施工、それに伴う請求についても応じる必要があるでしょうか?また最後は瓦の交換まで要求されれば、応じる必要があるのでしょうか?

→債務不履行の場合(不完全履行)は、完全履行請求権があります。しかし、本事例は妨害排除請求なので、あるていど除去できたならば、それ以上は受忍限度の範囲内とみることができ、債務者としても責を免れると思います。その意味で際限なき請求は遮断すべきでしょう。

 
 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずずるものに非ず。
kionawakaをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問