JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

元妻に名誉毀損にあたると言われました。 離婚して次女の親権が妻になってしまいました。 その元妻が、付き合ってもい

解決済みの質問:

元妻に名誉毀損にあたると言われました。
離婚して次女の親権が妻になってしまいました。
その元妻が、付き合ってもいない男性と行為をした事が分かり(その事は問題ない?)
聞くと、相手は避妊する気が無く自分がピルを飲み行為をしていると言う回答
自分は元妻が娘の性教育行う事に、非常に不安になり共通の知人に相談したいと言ったら、
名誉毀損にあたると言われました。
これだけでも、名誉毀損に当たるのでしょうか?
あと中2の息子に母がしていることは、絶対してはいけないと伝えることも、名誉毀損にあたるのでしょうか?
出来れば名誉毀損に当たる当たらないの規準は、どこか教えていただきたいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


民事上の名誉毀損は、不特定多数の者に社会的評価を落とすような事実を第三者に述べることにより成立します。
民法上では不法行為に該当します。
 
民法第709条は「故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」
民法第710条「他人の・・・名誉を侵害した場合、・・・財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない」と規定し、慰謝料請求権を認めています。

元妻が付き合っていない人と性関係をもっていること、避妊しないでピルを飲んでいるという事実は他人に公表されたくないものであることから、それらを他人に述べることは名誉毀損に該当することになるでしょう。

したがって、共通の知人にそのことを話すのはやめたほうがいいです。他人ですから。

しかし、息子さんに言うことは問題ないでしょう。教育のために必要なことですし、そもそも他人ではありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

解答有り難うございました。


もう1点だけお願いします。


娘には話せますか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
家族ですから問題ないでしょう。
家族に話すことは許容されると考えられます。


shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問