JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 946
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

昨年7月に19歳の息子が追突事故に遭い、相手方の保険会社から紹介の修理工場に修理を依頼されました。その際、代車をお借

質問者の質問

昨年7月に19歳の息子が追突事故に遭い、相手方の保険会社から紹介の修理工場に修理を依頼されました。その際、代車をお借りしたのですが、お借りするときに車の状態を双方で確認することなくお借りしています。その後、修理が終わり返却する際代車に傷があると、返却後1週間近く経過した後、保護者のもとに連絡がありました。その間相手方の保険会社からの連絡は一切なく、代車の傷を直せと修理工場の方から連絡があったのが初めてでした。その際の電話が、「このままだったら警察に訴えて息子さんは警察に捕まることになる。」「息子さんは警察で取り調べられる。」といったものでした。こちらとしても、息子に確認したところ、代車に乗っている間にぶつけた覚えは全くないこと、返却の際にもよく見れば傷があったかもしれないが、いつついたものかわからないと話しています。こちらの契約の保険会社に問い合わせたところ、代車を借りる際双方で車の状態を確認する義務があり、その際傷がなかったことを証明するのは、修理工場側にあり、確認していないのであればこちらに修理代を支払う義務はないと、アドバイスをいただきました。また、初めに追突した事故がもとになっているので、初めの事故の保険で扱うのが筋ではないか、と教えていただきました。初めの事故の保険会社からは、修理工場からの連絡があった後、半月ほどしてから初めて保護者に連絡がありましたが、それは息子が未成年であるため、示談には保護者の同意がいるためだと言われました。その際、代車の傷について本人から話を聞きたいと言われましたが、その後まったく保険会社から本人に接触はありませんでした。それから何度か修理工場から保護者のところに連絡はありましたが、保険会社へは仕事をもらっている関係上請求できないと言われました。保険会社にこちらから連絡をしましたが、一切何も返答はありません。一方的な示談の話であったため、示談の書類に印鑑を押したいから送付してもらいましたが、まだ手元にあります。ですが、まったく保険会社から示談について連絡はありませんので、そのまま示談が成立しているのかもしれません。今年に入り修理工場の方が、本人のところに朝早く突然訪問し、返す時に車に傷があったはずだが・・・と何度も問いただし、面倒になった本人が「あったかもしれない」と言ってしまったとのことです。ですが、前にも触れましたが、本人がぶつけたことはないと言っています。すると、3月14日付で修理工場の代理人という弁護士より、内容証明郵便が本人に届きました。本人は春休みということもあり、実家に戻ってきており郵便を受け取りはしたもののそのままになってしまっており、保護者のところに連絡をしてきたのは4月に入ってから暫くしてからでした。内容証明郵便の内容を見ると10日程度で支払の意思及び支払方法を連絡するようにとありました。こちらが支払う義務はあるのでしょうか。こちらの保険会社の方が言われるのは、代車を借りる際に車の状態を確認し、傷がなかったということを立証する責任が修理工場側にあり確認を怠ったこと、また返却後すぐに連絡なく暫く時間経過した後にこちらに傷があると連絡をしてきているということで、返却後についた可能性もあることも無視できないということで、こちらには支払い義務はないとのことです。もちろん、本人がぶつけた覚えもないということも大きな要因ですが、内容証明郵便には、借りている側が保管の注意義務を怠ったということで支払いを求めてきています。どうしたらよいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
すでに保険会社にご相談済の通り、仮にお子さんが傷をつけていたと
しても、あくまでも立証責任は相手方にあります。
従って、お子さんが傷をつけた事自体が証明されない限り支払う必要は
ありません。
但し、内容証明郵便が届いた状態で、そのまま放置しておくことは好ましく
ありません。
傷をつけた覚えもなく、それらを証明するような事実の疎明や証明もなにも
無いため、お支払いできません。というような内容で、返信をされておく
べきでしょう。

ご自身である程度作成できそうであれば、一度作成されてみた上で、
お住まいの市町村や消費者センターなどに届いた内容証明と一緒に
持参し、添削をしてもらうという方法も考えられるでしょう。

ご自身ではちょっと、、ということであれば、弁護士や行政書士等に
内容証明の作成を依頼されてみることをおすすめします。

※なお、内容証明にかかれていた10日という期限には意味はあまり
ありませんので、神経質になる必要はありませんが、なるべく早めの
返信が好ましいでしょう。

法律 についての関連する質問