JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

先月の24日に4年間住んでいる賃貸マンションを退去しました 子供が壁とふすまを汚しておりその分の現状回復は覚悟して

解決済みの質問:

先月の24日に4年間住んでいる賃貸マンションを退去しました
子供が壁とふすまを汚しておりその分の現状回復は覚悟して居たのですが
退去立会いの時に大家とその箇所の確認を済ませ
後日見積もりを連絡するとの事で鍵の受け渡しを完了しました
今月の10日に大家から電話があり
本来270万しますが安くして179万ですと請求の電話が来ました
額が凄いのでびっくりして聞いてみると
キッチンにシールの後があり取れないので総替えします
フローリングもマジックの後があり総替えです
その他もろもろ入れ替えた方が安いので入れ替えますと言われました
壁とふすまを汚したのは認めていますが
この請求は現状回復として正統なのでしょうか
マンションは築20年でキッチンも当初付けられているままのもので
入居の時に畳も壁がみもフローリングも新しい状態のものではありませんでした
大家から詳細な見積もりが届いて無い状態です
何処に相談して対処すればいいのかわからない状態で困っています
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
賃貸住宅を退去する場合、原状回復義務というのがあります。
言葉だけを見ると、借りた時の状態に戻さなければならないかのように
見えますが、そうではありません。あくまでも、「賃借人の居住、使用に
より発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意
義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を
復旧すること」とされています。

従って、通常の使用で生じる損耗、例えば家具を設置することによる
床や畳のへこみなどは、それが通常の範囲である限り責任がありません。
このような損傷は、家賃に含まれていると考えられているからです。

今回問題となっている落書きやシール跡については、別途費用負担
しなければならないものにはなりますが、その場合も修繕費用の全額を
負担しなければならないわけではありません。なぜなら、前述のとおり
通常の損耗分については既に家賃に含まれていますから、満額の支払い
をすると、その部分に関して二重払いになってしまうからです。

また、修繕費用を請求できる範囲には制限がある他、あくまで負担すべき
なのは損害を与えた部分ですから、交換等によって設備がグレードアップ
する場合に、その部分まで負担する必要はありません

例えば、フローリングの床を全面交換する際にご質問者様に責任があるのは
あくまで築20年を考慮した中古価格の設備を損傷したことに対する責任です。
新品を導入する費用ではありません。

また、部分的に修繕する場合には必ずしも家屋の価値を高めることにはならない
で修理代全額の請求を受ける可能性はありますが、この場合も必要最小限の
範囲に制限されます。例えば、フローリングの床や壁紙については、原則として㎡、
傷の数などによっては、床全体だったり壁紙であれば一面までは認められますが、
部屋全体の壁紙を交換するような見積になっていれば、責任のない面については
負担する必要がありません。

悪質な大家さんの場合は、業者と結託して高めの見積もりを提示してくるような
場合もあるので注意が必要ですが、適切な見積もりであったとしても、以上のような
制約から、入居者の負担すべき金額は相当程度低くなります。築20年経過している
ことを考えれば、かなり大きな減額になると考えるのが相当でしょう。

国土交通省が原状回復についてのガイドラインを公表していますのでご紹介
致します。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html



相談先としましては、弁護士等の専門家にご依頼いただく他、平日にお時間が取れる
のであれば、消費者センターや市町村で実施されているの無料相談会などをご利用
いただければ良いかと思います。

消費者センター(兵庫県)
http://www.kokusen.go.jp/map/ncac_map28.html

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問