JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

遺産相続の調停で貢献について分け前の要求:   平成4年に父が亡くなり、父の遺言がありました。当時、長兄が父の資

解決済みの質問:

遺産相続の調停で貢献について分け前の要求:    平成の始めの頃


に父が亡くなり、父の遺言がありました。当時、長兄が父の資産を管理しておりました。遺言状に資産として父の預金があり、兄を除く子供3人に等分に相続させるようにと記述されていました。しかし、そこにはお金はなく、調停の中で分かったことですが、父の運営していた(現在は兄が運営している)会社の借入金と名目になっていました。調停でそれを明らかにしてXXXX万円を勝ち取りました。その時、弟(と弁護士)が主として調停の話し合いで頑張ってくれました。弁護士には、他の件も含めて10%+α程度の成功報酬が支払われています。    その時はそれで済んで、他の父の資産も合わせて調停通りの相続配分が行われました。    最近になって、弟から「私ががんばってとれたのであるから、XXXX万円の半分(私個人にはその1/3)をよこせ」と請求してきました。この要求に応じなければならないのでしょうか?    1)このような要求は前もって言ってくれれば、彼だけに調停で頑張ってもらうことはなかった    2)弁護士でも10~15%と聞いているのに、大きすぎる    3)父の遺産であり、父は等分に配分することを遺言で希望しているのに、このような配分をすることは、父の意に反する    4)このように、遺産を別の形に変えて相続で得をするような例は、過去にもあり、弟がいなくても、有能な弁護士なら発見できたはず。 など、の観点からも不当な要求であると思いますが、法律的にはどうなっているのか?教えていただけませんか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士です。

お答えいたします。
よろしくお願いします。

まず、結論としては、応じる必要はない、ということになります。

記載された情報では、
調停が成立し、その通りの分配をされたということですね。
この調停は、遺産分割調停で、よろしいですね?

遺産分割調停が成立した場合、調停条項には確定した審判と同一の効力が認められます(家事事件手続法268条1項)。

この調停(審判と同一の効力を有する)によって、遺産の帰属に関する法律関係が一度決定しているので、関係者はこれに従っていれば良いのです。

もし、調停合意が、詐欺によって形成され、無効や取消の事由が存在する場合、調停の取消無効等を主張することは可能ですが、本件の場合は、そのような事由はないですね。

自己の取り分を多くすべきとの主張は、まさに調停段階で行っておくべき事で、一度合意した調停を覆すような理由にはなりません。

以上を前提に、弟さんへの回答をご検討ください。


(参考条文)
家事事件手続法第268条 (調停の成立及び効力)
 調停において当事者間に合意が成立し、これを調書に記載したときは、調停が成立したものとし、その記載は、確定判決(別表第二に掲げる事項にあっては、確定した第39条の規定による審判)と同一の効力を有する。
(※遺産分割調停は、別表二に該当します)


質問者: 返答済み 3 年 前.

専門家先生へ

  下記の点について、コメントお願いします。そのあとで評価をさせていただこうとおもっています。よろしくお願いします。

 

 

回答ありがとうございました。

文中の質問に対して、遺産分割調停で間違いありません。

取り分を変更するという立場からのお話よく理解できました。大変参考になりました。質問の文面には、明確になっていなかったのですが、下記の質問についても教えていただければ、助かります。

①もし、謝礼や報酬という観点からは、どうでしょうか?

  謝礼ならば、出す側と受け取る側の合意でなされるべきものであるし、

  報酬であれば、あらかじめ何%というような約束が必要

であると考えてもよいのでしょうか?

②調停や裁判で兄弟の誰かが中心になって戦ってそれに対して、このような要求をすることが、どの程度許されるものでしょうか?過去の事例として、何か参考になるデータはあるのでしょうか?

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
お答えが遅れました。申し訳ございません。お詫びいたします。
(一時、回答できない状態になっており、回復したことに気づくのが遅れました)

さて、回答ですが、どのような趣旨であれば、調停で合意した内容を変更する場合には、
調停の当事者同士が、新たな契約をすることになります。
そこで、
① 謝礼や報酬という趣旨である場合、
 (1)この趣旨で、調停の合意自体を変更することはできません。
 (2)そもそも、例えば、前回の調停について、あなたと弟さんとの間で、報酬に関する契約が交わされているならば、その契約に基づいて報酬を請求されることはあり得るでしょう(これは調停調書に記載された内容自体とは無関係です)。
 しかし、そのような合意がなかったなら、報酬や謝礼を求められる法的な理由はありません。
 応じるなら、新たな合意をするということになります。

② 誰が中心になっても、そのこと自体に報酬を渡すというような合意がなければ、法的に報酬を支払う必要はありません。
 中心になって戦ってくれたことに対して、感謝して、お礼を渡すことは自由です。しかし、法律上効力があるものとして、お礼等を渡す義務が生じる場合は、報酬に関する契約等をしていた場合でして、それは上記と同じです。
 当事者の合意なくして、報酬や謝礼を支払う義務は生じません。

以上ご検討ください。
最後に重ねて回答が後れたことをお詫びいたします。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問