JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

教えていただきたいのですが。 労働審判を申し立てた場合、双方の言い分が食い違い、話し合いがつかない場合は 裁判所

解決済みの質問:

教えていただきたいのですが。
労働審判を申し立てた場合、双方の言い分が食い違い、話し合いがつかない場合は
裁判所が審判をして、決めてくれるのでしょうか?
また、どちらかがその審判の内容に異議がある場合は、どうなるのでしょうか?

よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

>労働審判を申し立てた場合、双方の言い分が食い違い、話し合いがつかない場合は
裁判所が審判をして、決めてくれるのでしょうか?

そのとおりです。

裁判所が、どちらの言い分が正しいかを判断し、審判を下します。

どちらが正しいかを判断するにあたっては、
・証拠の有無
・口頭の説明の信用性
をもとに行います。

証拠があり、しっかりと説明さえできれば裁判所は有利な審判をくだしてくれます。


>どちらかがその審判の内容に異議がある場合は、どうなるのでしょうか?

訴訟(裁判)に移行します。
訴訟になると、まず証拠がなければ勝てません。
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
本サイトは無料相談サイトではありません。ご質問にはできるかぎり詳しく回答しました。そして、補足の質問に対して回答はします。質問は放置することなく、回答が参考になった場合には必ずプラス評価をしてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

退職後に、会社側が労働者の退職理由について、取引先等にその業界に


就職させないよう、本人がバックリベートを要求した、とか、会社のお金を


横領して家を建てたとか言いふらしています。その風評のため、再就職ができにくいという状況です。証拠としては、取引先の人に「会社の人から、こういう内容のことを聞きましたが、矛盾だらけなので信じられません」という旨のものを、一筆書いてもらったものがあります。こういう内容の場合、労働審判はなじみますか?というか労働審判はできるんでしょうか?


よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
何を求めるのですか。

事案はわかりましたが、質問者様が相手にどうしてほしいのかが見えにくいです。

また、新しい質問をする際には新たにスレッドを設けるのが本サイトのルールです。
こちらは当初の質問には十分に回答したつもりです。その回答に関連した質問であれば、返信で続けることが可能です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

初めてなので、私の質問のし方が悪くてすみません。


労働審判をおこしたい内容が前記の風評被害です。損害賠償を請求したい


と思っています。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
なるほど。

労働審判よりは、裁判の方がいいと思います。

退職後の風評被害ですと、すでに使用者と被用者の関係になく、労働関係に基づいたトラブルとは言えませんから、労働審判は適していないと考えられます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問