JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

2日前泥酔して店の店員を殴ったようですが、記憶は全くなく、事実のようです。被害にあわれた方に大きな傷はなく、昨日お会

解決済みの質問:

2日前泥酔して店の店員を殴ったようですが、記憶は全くなく、事実のようです。被害にあわれた方に大きな傷はなく、昨日お会いして和解しようと試みましたが、金額次第で被害届を出さないといっています。金額の要求が主のようでありますが、当方はあまりお金がないと伝えたところ、100万なんて当たり前と言われ、たとえばサラ金や家を売って200万ぐらいだせるし、私ならそうすると言われました。明日(本日)までにお金を集め、連絡することになっています。無理なら被害届を出されるようです。なんとか和解したいのですが、お知恵をお貸しください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
 質問者が金を支払わない、といった場合、被害者は告訴をして、場合によっては、傷害罪・暴行罪で逮捕・身柄拘束される場合もないではない、というところだと思います。

 本来なら、このような脅しに近い「告訴をちらつかせながらの示談の強要」は新たに犯罪を構成する場合があるということです。

 たとえば「強盗してでも金を作ってこい」といった場合に強盗罪の教唆になる可能性があるということです。

 法律的には比例原則といいますが、Aという原因、Bという結果、この両方がバランスがとれていなければ、法は是認しない(いくら契約自由の原則といっても)という原則があります。わずかな微罪にとんでもなく重い刑罰を科するような場合がこれです。

 質問者様が妥当と考える額を呈示して、あとは様子を見ることです。あまりなふっかけの場合、これを正式に民事裁判にかけて請求しても、とれませんし、刑事告訴の場合は、ふっかけられた旨を警察・検察に申告すればよろしい。心証は悪くなるでしょう。

 ★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず)。

 
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました


ただ24時間だからすぐに連絡が


来ると思っていたのに残念です


先程別の専門家の方に連絡して


話を聞いていました…

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
絵 申し訳ありません。
 アドバイスとして言えることは、あわてて相手の言いなりに支払ってしまうこと(ましてやサラ金から借りろだの家を売れだのということは普通の人間の言うことではありません。)は待ったほうがよいでしょう。

 いわんや刑事告訴をネタにゆするのですから、>>脅しに近い「告訴をちらつかせながらの示談の強要」は新たに犯罪を構成する場合がある
→強要罪(他人の生命身体に害を加える旨告知して脅迫し、人に義務のないことをおこなわせる(借金させる)刑223条))、脅迫罪(真に告訴する意思がないのに告訴する旨通知するのは、権利の実行の範囲を超えるもので、脅迫罪を構成する。大判大3.12.1 団藤綱要372p注14)。

★民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず)。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問