JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4688
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

• 日本で締結した金銭消費貸借契約書があり、借主はベトナムに住所を置く日本人でありその方のベトナムの会社都の契約である。 • 支払期日は2014年3月24日だったが、彼らの銀行の

質問者の質問

• 日本で締結した金銭消費貸借契約書があり、借主はベトナムに住所を置く日本人でありその方のベトナムの会社都の契約である。
• 支払期日は2014年3月24日だったが、彼らの銀行の手違いで元本の支払いが遅くなっている。何度も交渉した末まずは金利だけは支払ってもらい、書面では延滞チャージなども払うと了承はしているものの、もうこれ以上信用が出来ないので、どうするべきなのかアドバイスをお願い致します。
支払い命令関連サイトを調べてみたら、 外国に住所を置くものに関しては不可能と書 いていますのでそこのところはどうしたら良いのか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、その金銭消費貸借契約書は、公正証書で作成されていたのでしょうか?
そうであれば、強制執行は可能と思いますが、やはり相手が海外にいるとなると
話は面倒です。
また、単に私文書での金銭消費貸借契約書では、強制執行はできないので
簡易裁判所に少額訴訟や支払督促を申立てることになりますが
いずれにしろ、金銭債務の義務履行地で申立ができるので、日本で手続きはできますが
送達が出来ないため、大使館や領事館あるいは、外務省を通じて行うことになります。
それらの協力を得るための手続きが大変なようです。
ご相談者様は、日本にいらっしゃるということでしょうか?
そうであれば、ご相談者様のご住所の管轄の裁判所にお問い合わせ下さい。
それと、その手の怪しい方は、やはり担保や連帯保証人等を決めておくべきでした。
とは言え、法的な問題と言うよりも、道義的な問題として、相手の日本にいるご親族様に
借金の返済を立て替えてもらうよう連絡してみるのも手です。
サラ金等がよく使う手ですが、法的には連帯保証人でもないと立て替える必要はありませんが
場合によっては、警察に詐欺罪で相手を訴えると主張すれば、応じる場合もございます。
一度、先方にもご親族様に請求すると伝えてみてはどうでしょうか。
そうなると、流石に譲歩してくるのではないでしょうか?
どの程度の借金かがわかりませんが、額によっては、弁護士の先生にご依頼すると
赤字になる場合もございますので、ご自分で対応された方が良いかもしれません。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問