JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

去年まで付き合っていた男性に今年に入り急に無視されるようになりました。 私は何度も話し合いがしたいと、別れるなら別

解決済みの質問:

去年まで付き合っていた男性に今年に入り急に無視されるようになりました。
私は何度も話し合いがしたいと、別れるなら別れるできちんと話がしたいとお願いし続けましたがそれも無視です。
存在が無かったかのように扱われ、女性として否定されている気持ちは拭いきれません。
過度のストレスにより生理もこなくなりました。
彼に50万以上の手切れ金を出させたいです。
無価値な人間のままで終わりたくはありません。

ご回答お待ちしております
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況だと思われます。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、不明の部分もございますが、わかる範囲でアドバイスが出来ればと思います。
口約束でも、民法の場合は、契約が成立します。ただし、争う場合は、証拠が必要になります。
付き合っていたことが公でないにしろ、双方のご両親様とかご友人等に
婚約の話はされていないでしょうか?
単に恋人関係では、いろいろ難しい部分はございますが
婚約が立証できれば、一方的な婚約破棄として、慰謝料の請求が可能です。
婚約破棄の慰謝料は50万円~200万円が多いようです。それは相手の資力にもよります。
また、相手が、単にご相談者様の身体が目当てで、交際していて
飽きたからみたいな内容であれば、場合によっては貞操権侵害による慰謝料請求もあり得ます。
仮に、婚約中に相手の男性が、新しい女性と交際すれば、不貞行為となり
相手の女性にも慰謝料請求が可能です。
それと、相手の男性の言動で、ご相談者様が、心療内科等に通わないといけない状況になれば
傷害罪としての刑事告訴も可能ですし、もちろん民事としての不法行為による慰謝料請求も
可能です。
いずれにしても、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に内容証明を作成していただくと
相手に本気度が伝わり、なめられずにすむでしょう。
相手が慰謝料に応じれば、婚約破棄の示談書を公正証書で作成すると、未払いの時に
強制執行が出来てより安全です。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中のご返信どうも有り難う御座います。


 


婚約の立証が難しいかもしれません。


なぜなら私は無視をされはじめた頃何がなんだか分からず辛すぎて結婚しよう等のメール、幸せだった頃の思い出が詰まったメールを見れば泣いてしまい、辛く全て消去してしまいました。バカでしたね。


正式に婚約していると告げた知人はおりません。


 


心療内科には予約を入れようと電話はしているのですが自分の仕事などの都合もありまだ行けていないと言う状況です。


タイミングが合えばすぐにカウンセリングを受けたいです。


 


 


こんな弱い状況でも行政書士の先生や弁護士の先生に内容証明を作成して頂くことは可能なのでしょうか、、、


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
携帯電話のメールでも、裁判上の証拠になったので、それは残念ですが
いつ婚約をしようと言ったとか、日記等の記録でも構わないので
お辛いでしょうが、今から思い出しながら書いておくことです。
また、相手は、消去したことは知らないでしょうから
証拠があると主張して内容証明で責任を追及することは大切です。
内容証明自体を作成するのは、明確な証拠が無くとも可能です。
早目にアクションを起こした方が良いでしょう。
場合によっては、相手のご両親様に今回の事実を告げると主張されても良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問