JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4911
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

同じ会社に勤める人妻と初めて二人だけで食事をした後、お酒も飲んでいたこともありホテルに行った。その二日後に旦那とその

質問者の質問

同じ会社に勤める人妻と初めて二人だけで食事をした後、お酒も飲んでいたこともありホテルに行った。その二日後に旦那とその人妻を知る女性が仕事現場に突然現れ、二日前の行動を自宅から尾行していましたと告げられました。動画も撮っているようで認めざるを得ませんでした。その人妻は数年前にも浮気をしたようで、やっとケリがついて夫婦間も修復し家を建てたところなのに離婚することになる。そうなれば慰謝料を請求すると言われました。その後、旦那に二回電話で呼び出され自宅近くにて会い、事実関係を確認された後、慰謝料の話になりました。他人の敷地に平気で駐車をし、たばこの吸い殻を何処にでも捨て、飲んだ飲料の空き缶も何処にでも捨てるので、近所でそういうことをされるのが耐えられず、また毎回夜に呼び出されるのも耐えられないので、専門家に当たってみるので10日程待ってほしいと言いました。 今後どのように対応したらいいのかアドバイスをいただきたいです。 (その旦那もネット検索をしているようなので内容は秘密にしていただきたい。)


食事をした時の記憶で、『3年程前に浮気をしてその相手の親まで出てきてもめました。前科者です。昨日も旦那と離婚の話をしていました。』と人妻が自ら言っていました。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況と思われます。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、その人妻の女性との関係は、それ一度きりと言うことでしょうか?
当然、1度とは言え、不貞行為には違いがありませんから
相手の女性のご主人様には、ご相談者様に対して不法行為に基づく慰謝料請求が可能です。
ご相談者様としては慰謝料を支払う義務が法的にあると言えます。
では、その額はどうなるかと言いますと、不貞行為の慰謝料は大きく分けて
2種類あり、一つは、単なる火遊び的なものと、もう一つは相手が離婚して
結婚を約束するような略奪愛です。
単なる火遊びなら、高くても50万円程度です。
略奪愛なら、有責配偶者と合せて400万円~500万円はあり得ます。
あくまで二人分で、当然、資力の問題もございます。
今回のケースですと、高くても50万円で、1回だけなら20~30万円程度でも
良いとは思います。
 ただし、あまりにも用意周到な部分や請求の仕方の態度の悪さから
少し仕組まれている感じも致します。
詐欺的な要素もありますし、脅迫的な部分もあるでしょう。
そう言う意味では、50万円よりも高額な請求なら問題ですから
民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご相談されても良いでしょう。
そういう美人局的な要素はなく、その女性も離婚を考えているなら
夫婦関係が破綻していたことも考えられますから、その場合は、慰謝料の請求は
できないことになっています。ただし、夫婦関係の破綻の証明は難しく
別居でもされていないと無理です。
相応な慰謝料を支払って示談した方が良いでしょう。
相手から、金づると思われないように、示談書は、公正証書で作成すれば
安全と言えます。
公正証書の作成も前述の専門家にご依頼されると良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生に相談とありますが、実際に相談するにはどのようにすればよいでしょうか?


また、その費用はどのくらい掛かりますか?

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
どのようなことをお願いするかにもよりますが
相手からの請求があり、内容証明で減額のお願いをしたり
その後に示談の公正証書を作成するなら
行政書士の先生で十分です。行政書士の先生の方が比較的お安いです。
ネットで、この手の問題を専門にされている行政書士の先生を探されて
今は、自由報酬制度ですから、いろいろ見積もりを取ってみることです。
なるべく、和解ができるような話をしてくれる先生が良いでしょう。
対決姿勢を取るような先生は、その後の解決が難しいかもしれません。
内容証明で3万円程度、公正証書で5万円~10万円程度で
それ以上は、行政書士の先生では高過ぎと言えます。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問