JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

お世話になります。 実の母(84才)がビルを所有して,一人で住んでおりました。土地は私(長男)のものです。

解決済みの質問:

お世話になります。

実の母(84才)がビルを所有して,一人で住んでおりました。土地は私(長男)のものです。
また血族として長女がおり,実の父はすでに他界しております。

最近,母が足を悪くして老人ホームに入所しました。(頭はしっかりしております。)

ビルの管理は長女が時々(月一回程度)に見に行っており,セコムのホームセキュリティには入っております。
このビルの管理にお金がかかり,売却するように進めても応じてくれません。

このビルの看板等がはがれて通行人等に怪我をおわせたような場合,母がまず責任を負うでしょうか,我々親族にも責任が及ぶことがあるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

所有者がお母様であれば、おっしゃるとおり不法行為による損害賠償請求されることになります。

また、お母様がお亡くなりになると、その配偶者及び子(既にお父様が他界されているなら子が均等に相続)がその義務を相続することになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。


現在,母は老人ホームに入所中で,多少の蓄えはあるのですが,怪我の程度が大きく,生前でも母親が損害賠償請求に耐えられない状態になった場合には,われわれ親族に損害賠償請求等を起こされるか,ということがお聞きしたいのですが?


 


また母親が死んだ場合は相続放棄をすれば義務を破棄できるのでしょうか?


 


また土地の所有者は関係ないのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
相手に与える損害の程度でご質問者様がその義務を負うか否かが変わってきます。

民法第711条
他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。

相手が生死にかかわるような損害を負った場合は、ご質問者様も賠償義務があるということになります。これは相続放棄しても負うものです。

そうでない軽微な損害であれば、親族は賠償義務を負いませんし、お母様の死後であれば相続放棄することで義務を免れることができます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

もう少し,わかりやすく答えてほしいのですが,母親が所持するビルの看板が落ちて,もし通行人が亡くなることがあれば,母親の子である長男,長女(嫁に行っている)にも法律上の賠償義務が生じつということでしょうか?


 


具体的にはどの程度の賠償義務があるのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
おっしゃるとおりです。

お母様の所有物である看板の落下により、通行人が死亡すれば、お母様、お二人の子の3人にその賠償義務が発生するということです。

相手方は、各自に対して損害全額を請求できるので、示談が成立せず、最終的に裁判で敗訴すれば、資産がある方はそれを差し押さえられたりすることになります。
kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

この損害賠償を回避する方法はあるのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
残念ながら、ビルを売却する以外にございません。

または、懸念すべきものが看板だけなら、撤去されてはいかがでしょうか。

所有者である以上、その所有物から他人に損害が生ずれば、その賠償義務を免れる方法はございません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

1)嫁に行っている長女にも賠償責任があるのでしょうか?


 


2)ビルを誰かに貸した場合はどうなるのでしょうか?


 


 

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
1
嫁いでいても、お母様と長女様の親族関係に何ら影響を与えるものではありませんので、やはり長女様も賠償義務を負うことになります。

2
ビル全体を賃貸した場合、第一次的にはその占有者(賃借人)が賠償責任を負うことになります。
そして、その賃借人が過失なく(落ち度なく)損害が発生した場合は、第二次的に所有者がその責任を負うことになります。
ですので、ビルを貸したらまずは賃借人は責任を負うことになりますが、賃借人の管理に落ち度がなければ、今までにお話しした通りの結果となります。
kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問