JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。 早速ですが親子関係の問題で悩んでいます。 嫁ぎ先の親は、会社を倒産させ、 主人が連

解決済みの質問:

お世話になります。

早速ですが親子関係の問題で悩んでいます。

嫁ぎ先の親は、会社を倒産させ、
主人が連帯保証人で負債を継続したものですから、
結果、離婚をした私は、パートで働き2人の子供を育てております。

当時(現在も・・・)、生活に必要なお金を借り、
持病の心臓病(心房細動)を抱え、生活苦と不安な日々を送っておりましたことより、
実父に援助を求めましたが、受け付けてもらえませんでした。
それなのに、配偶者、長男を亡くし、のちに一人暮らしとなった父は、
逆に子供(長女)だから親の面倒を見るのは当たり前と、
私に扶養義務を主張してくるので困っています。

長年、厚生年金をかけていたことで、
生活するに、十分な年金と、預金(退職金)も持ち、
住宅型老人施設で何ら不自由なく暮らしている父とは逆に、
パート勤めの私は、体調を崩すと生活ができなくなります。


現在の私の心境は、
自分の思いとうりにならなかったら、
ところ構わず(私が運転中でも)怒鳴る父に手を焼いています。

実際2人兄弟の弟は、先日、その父とのいざこざで、血圧が上がり、
持病の大動脈瘤を破裂させ、死亡しました。
私も、持病の心房細動発作(怒鳴られると思うトラウマで動悸が激しくなる)をおこし、
死に至りはしないかと生命の危険すら感じ、
恐怖のあまり、刃物を突きつけたことがあります。

{親子の縁は切れない」と、法律をちらつかせ、
弱い者いじめ(虐待)しているとしか思えない父と、
会わずに暮らせる方法がないかと、ご相談させていただく次第です。

その感じ方は人それぞれだと思いますが、
体調を考えると辛くてなりません。

怒鳴る父の様子を録音したものもあります。

ご指導よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お父様のことでお困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、確かに、親子関係での扶養義務はございますが、ご相談者様の生活を壊してまでの
お父様への援助は必要ないと言えます。
現時点で世帯が分離しているのであれば、お父様が金銭的に困っていれば
生活保護等の申請を行えば良い訳で、ご相談者様の生活に余裕がなければ
自治体の方も、過度な要求はしません。
また、病気等生活面でのご心配があれば、施設の方が対応するでしょう。
ただ、怒りっぽいと言うのは、認知症の初期症状でもあるので、場合によっては
成年後見制度のご利用も考えるべきかもしれません。
成年後見制度を使えば、司法書士の先生のような専門職後見人がお父様の財産の管理等を
してくれるので、ご相談者様に迷惑がかかることはありません。
それと、親子間でも、お父様の言動により、ご相談者様が精神的なダメージを受けて心療内科等に通う場合は
傷害罪として刑事告訴も可能です。
また、民事の不法行為としての損害賠償請求も可能です。
損害賠償請求は、内容証明でされると良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。
また、成年後見制度のことも社会福祉協議会や地域包括支援センター等にご相談されて
みて考えられても良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難うございます。


 


この様な形で親子関係を相談せざるを得ない状態は、生前、弟とともに親への恩返しを考えていた自分からは想像できず、自分でも困惑していますが、頭では分かっているものの、今は父と話すことさえ、体が受け付けません。


 


力を合わせて解決して行こうと、頼り、頼られていた弟(長男)の死は、本当に辛く、両手両足を奪われた気分です。


 


情けないことに精神安定剤も服用しているのが実情で、生命に危険を感じ、自分を守るためといえども、親に刃物を向けるのは、すでに異常の域だと自分でも感じています。


 


さて、成年後見制度の件ですが、認知症に限り、その制度が適用されたりとかするのでしょうか?


 


怒鳴るのは、今のところ性格上の問題でしかないと思うのですが、わが子の通夜の日でも参拝者の方に、自分が友人と車で旅行して楽しかった話をする姿にも、おどろいていますが、正常か異常か、微妙なところです。


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
成年後見制度は、判断能力が衰えた方に適応した制度です。
代表的なものが、認知症であり、その他にも知的障碍や精神障害がある場合も
あり得ます。
性格的な部分も、どうも精神疾患の可能性もありそうです。
成年後見制度は、法定後見と任意後見があり
法定後見は、判断能力のない順番に、後見人、保佐人、補助人と別れます。
任意後見の場合は、まだ、症状が無いうちからも付けることができます。
一度、健康診断と言うことで、病院でこっそり診てもらうなどされても良いかもしれません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


すみません。


もう少し、アドバイスをお願いします。


 


任意後見と法廷後見の違いは?


費用とかが生じたりとかする違いでもあるのでしょうか?


 


>一度、健康診断と言うことで、病院でこっそり診てもらうなどされても良いかもしれません。


 


とのことですが、何科を受診し、どんな診断が出れば、何に、どう適応するか、分かりにくい部分があります。


 


また、任意後見の場合、私がそれを提案しても本人が受け付けなければ、強制する手段も考えておかなければならないと、今までの父とのやり取りの中で、感じています。


法廷後見であれば、強制力があるのでしょうか?


 


ご指導くださいませ。


 


 


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
成年後見制度は、出来てから14年程度のまだ比較的新しい制度です。
その前は、禁治産者制度と言うのがあり、判断能力と言うよりも浪費家などの
財産を食いつぶす人を抑制するためのものでした。
これは廃止され、より判断能力が劣った人のための制度に成年後見制度で変わりました。
本来は、被成年後見人(判断能力が劣った人)を助けるものですが
まわりのご親族の負担の軽減や財産を守るため等にも利用されています。
法定後見と任意後見はいろいろ類型があり、そう言うのを説明するだけでも
何時間もかかり、成年後見制度の専門職後見人になるための研修も
私もそうですが、行政書士でも1年はかかります。
これを親族もできるので問題が出て来ます。親族後見人が9割問題を起こしているとも
言われています。
話を戻すと、既に認知症等で判断能力が劣っている場合は、基本的に法定後見の方になります。
家庭裁判所に申立てをします。申立費用は数千円ですが、どのような状態かの鑑定費用が
かかる場合が、あります。5万円~10万円。鑑定が必要ない場合も多くなっています。
つまり、医師の診断だけでOKの場合も。
その場合の医師は、一般的には何科でも良いことになっています。
申立から審判がでるまでは2週間から1カ月ですが、もっと早くなるケースが増えています。
後見人の報酬額は、裁判所が決めて、一般的には、月2万円~3万円で本人の財産から
支払われます。
 任意後見は、一般的に本人に判断能力がある場合に、将来に備えて公証役場で契約します。
報酬額は、本人の財産から支払われますが、契約上自由に額は決められます。
つまり、健康診断を装って、何科でも受診してもらえば、医師が判断できて
その判断で、これは補助相当だ保佐相当だと判断してもらえば
あとは、家庭裁判所に申立てる形になります。
申し立てや後見人は、専門家にご依頼した方が良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問