JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

内縁の妻建物を相続するのは息子二人ですその建物を贈与してもらうと、税金はいくらかかりますか?建物の評価額は651万円

質問者の質問

内縁の妻建物を相続するのは息子二人ですその建物を贈与してもらうと、税金はいくらかかりますか?建物の評価額は651万円です
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.

弁護士1級ファイナンシャルプランニング技能士です。
お答えいたします。よろしくお願いいたします。

 

まず、結論から申しあげます。

一括で贈与した場合の贈与税は、97万3000円です。

 

以下、贈与税を低くする方法も含めて詳細を説明いたします。

 

税金に関しては、内縁の場合、優遇的な措置はございません。
ですから、遺産となる不動産を取得したい場合、相続(又は遺贈)で取得した相続人から取得するという方法になります。

 

仮に生前に贈与していた、という主張をしても、内縁の場合、優遇措置はありません。

 

贈与税の計算について

 

まず、建物の贈与の場合、評価は固定資産評価額を基にします。
本件では651万円とのことですが、これは固定資産評価額ということでいいですね。

 

次に計算方法ですが、

贈与税は、1年(1月1日ー12月31日)ごとに計算し、110万円の控除があります。

そこで、建物全部を一括で贈与すると、651-110万円で、541万円分贈与したことになります。

 

贈与税率は、30%で、65万円の控除があります。
そこで、
541万×30%-65万=973,000円
となります。

贈与税率については国税庁HPをご参照下さい。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

 

以上から、一括で贈与すると、100万円弱の税金がかかります。

 

これを、例えば、建物の共有持ち分を数年に分けて贈与していくという方法だと次の様になります。

例えば、3年にわたって持ち分3分の1ずつ贈与する。

 

贈与する持ち分の評価額は、
651÷3=217万円

 

贈与税がかかる額は、
217-基礎控除110=107万円

 

107万円の贈与の場合、税率は10%です。

 

そこで、贈与税は、
107万×10%=10万円7000円となります。

 

これを3年にかけて行うので、贈与税合計(3年分)
107000円×3=32万1000円。

3年に分けて行うだけで、約3分の1になります。

 

 

5年に分けて行うと、

贈与する共有持ち分額651÷5=1,302,000円

 

1,302,000円-基礎控除110万円=20万2,000円(課税される額)

 

20万2,000円×10%=20,200円(贈与税)

 

20,200円×5年=101,000円。

 

贈与税5年分合計101,000円となります。

 

このように、複数年かけて贈与すると、贈与税負担が少なくなります。

ただ、この場合、毎年、贈与して、毎年申告することになるので、手間がかかります。

以上、ご検討下さい。

法律 についての関連する質問