JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。現在離婚調停で相手方で調停中ですが、2点お尋ねします 1点目は調停案が裁判所から出されてから、申

解決済みの質問:

お世話になります。現在離婚調停で相手方で調停中ですが、2点お尋ねします
1点目は調停案が裁判所から出されてから、申し立て人は当初資産は1万円程度と
主張しておりましたが、直近に保険の解約返戻金2件で約420万円所有している事が
わかりました。調停案に変化は無いものでしょうか?

2点目、当方も代理人を立てておりますが
依頼するまでに、申立人代理人より、かなり悪意のある
照会書を仕入れ先全部へ送付されております

立件させる為に何が必要かご教授いただけませんか?
宜しくお願いいたします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは、いろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、調停では、離婚は決まっているが、離婚条件で同意できていないと言うことでしょうか?
相手は、資産は1万円と主張すると言うことは、現時点では、別居されていると言うことでしょうか。
基本的に、資産が増えれば、婚姻期間中に形成された財産は、名義がどちらでも
共有財産となり、折半が一般的です。
保険金も考え方は同じで、離婚時点で解約したらどうなるか計算するのが普通です。
つまり、解約返戻金の半分は、財産分与されることになります。
調停の中で主張すべきです。
2点目の照会書の件は、離婚問題と言うよりも、ご相談者様の経営されている等の事業所に
対する業務妨害と言うことでの、損害賠償請求になると思われますが
代理人と言うことは、弁護士の先生がそう言う不法行為をされたと言うことでしょうか?
その場合は、所属する弁護士会に苦情を申し立てることになります。
ただ、資産が1万円で弁護士の先生に代理人を頼むことは、法テラスでも利用しないと
資産が無い人では無理ですから、もっとお金があるのかもしれません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


お世話になります


お返事有り難うございました


確認したい事項は


調停案が変わる事があるのか


 


また、弁護士を刑事告訴出来るかを


教えていただけませんか


 


宜しくお願いいたします

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
まだ、調停中ですし、調停調書が出て無ければ、出て来た証拠によって
変更はあり得ます。
最終的に確定したことをまとめた調停調書は、双方の合意がなければ成立しません。
当然、業務妨害罪としての刑事告訴は弁護士の先生であろうと免れません。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問