JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

工務店経営者です。新築引き渡し後14年超の注文住宅のお客様から「瑕疵担保責任期間を過ぎっているが、以前からあった漏水

解決済みの質問:

工務店経営者です。新築引き渡し後14年超の注文住宅のお客様から「瑕疵担保責任期間を過ぎっているが、以前からあった漏水が原因なので金銭面での保証をしてほしい」と連絡がありました。建物の現状は、外壁面よりの漏水により構造部の数本の柱の一部が腐り強度を出さなくなっています。他の工務店に外壁リフォームを依頼し、工事中に発見したとのことです。
新築引き渡し後3年目に外壁面へのクラックが見つかり、全て補修。その後、引き渡しより8年目に室内壁への漏水?と思われる程度の事象があり、周辺壁の点検と補修。その後、5年以上雨漏りやクラック等についてのお客様からの報告は、一度もありませんでした。
リフォーム業者は、「2階床高さに施工されたシール(コーキング)の劣化が激しく、原因は、特定しにくいが、この位置より上での強度はあるので、ここが主原因だと思う」とのことです。
これまでの、補修時には、このような事象を確認することは、出来ませんでした。直近の数年での漏水と放置が柱を腐らせた主な原因だと推測できるのと瑕疵保証期間を過ぎていること、他工務店が既に施工中の現場であり補修内容が分からず弊社への相談が後回しになっていることなどから、お客様への回答に苦慮致しております。顧客との紛争は、避けたいものの弊社の責任割合は、かなり低いと判断をしております。お客様は、300万円程度の負担金を要求しております。到底、応じられません。見舞金として僅かな金員を渡すことで、こちらが過失責任を認めたと捉えられても困るので、・・。
法律の専門家のご意見をお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
瑕疵担保責任については、発見から1年、または引き渡しから10年であり、
この期間内に相手方に請求をすることで、請求から6ヶ月間、1回だけ時効が
伸長されます。これは請求すればいいということではなく、交渉そのものを
完了させるか、または交渉決裂として訴訟を提起するのか、どちらかの
段階まで、この期間内に行わなくてはなりません。

従って、不具合の原因が手抜き工事等意図的なものや、意図的に準じるような
特殊事情がない限りは、お見込みの通り、法律上の責任は既にないことに
なります。

ただし、ご心配されているように、金銭の支払いは責任を認めたものととられる
可能性がありますので注意が必要です。
お見舞金を支払うのであれば、法律上の責任がないという御社の主張を明示
した上で、一定のお見舞金を支払いをする用意はある、という形で文書を作成
してください。また、和解書のようなものを作成した上で支払いをするのが
好ましいでしょう。


houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問