JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

こんばんわ!主人が30年来付き合いがある人と飲みに行くたびに友人の分まで支払っていたことを最近私は聞きました。次の日

解決済みの質問:

こんばんわ!主人が30年来付き合いがある人と飲みに行くたびに友人の分まで支払っていたことを最近私は聞きました。次の日に請求すると「払った!」と言われ、主人もたまにはいいかとごちそうをしていたとのこと。退職して再就職したものの続かず収入は私だけです。家庭の中で故障、修理など重なりお金が必要です。いまから
でも友人に返してほしいです。ちなみに30年で100万位。領収書は残っていません。あきらめるしかないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


請求することは領収書や借用書がなくてもできます。しかし、相手に拒否されてしまうと法律的に支払を強制するのは難しいですね。

ご主人がこれまで支払ってあげたお金は借用書がない限り、贈与とみなされてしまいます。
また、たとえ貸したものお互いが認識していた場合でも、10年前以上前のものは時効によって消滅してしまいます。

ただし、今からでも友人に借用書を書いてもらえるならば、それを根拠(証拠)に支払を強制することは可能です。しかし、あくまでも相手が借用書を書く気があればの話です。



shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問