JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

はじめまして、どこに確認したらいいのかわからなかったので、質問させてください。 父(66歳)が、昨年ipadを購入

解決済みの質問:

はじめまして、どこに確認したらいいのかわからなかったので、質問させてください。
父(66歳)が、昨年ipadを購入しました。当初は、見積もりを作ったり、渋滞情報を見たり程度で特に気にも留めていませんでした。それが、今年になってから様子が一変しました。ipadを前にこそこそと触っている時間が多くなり、2月になると、それを触りつつ1日に何度もコンビニに走る様になりました。何をしているのか確認しても「電子マネー」とだけ言い、後は何を聞いても答えません。少し日にちを置いて落ち着いたと思いきや、先日母(65歳)がJAの通帳の几帳にいってびっくり。これまでもっていた株を解約し、生命保険も勝手に解約し、そのはいったお金が1日に何万ずつもローソンATMから引き落とされており、その残額を使い果たしたうえ、マイナス50万にまで膨れ上がっていました。母がコツコツ貯めたお金もその中に入っていました。説明を求めても何も答えず相変わらずこそこそと同じことを繰り返しています。
こんな状態で、この先さらに借金は膨れ上がるのではないかと考えています。本人が意に介していないことが何よりも腹立たしく感じています。
これがこの3ヶ月の状況です。子供である私は、父を捨ててもいいと感じています。しかし、母はそう簡単ではありません。昔ながらの人物で、離婚や別居に抵抗があります。また、先祖から受け継いだ土地を失うことへの抵抗、親類への顔向けなど娘が考える以上のものを抱えていると感じています。しかし、家の債権もJAの担保に入ってしまっており、何かあったとき家を失う可能性もあります。そんな中、母を守る方法はないでしょうか。母がその借金を背負わなくて済む、本人が絶対に借金を自分の手で返す、家をなんとか守る、母が安心して過ごせるなどです。アドバイスをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
まず、お父様の借金の返済の義務を負うのはお父様のみであり、夫婦だからという理由でお母様に返済の義務が生じることは原則としてありません。例外的に、日常生活に必要な費用(衣食住にかかる費用、公共料金等)についてはお父様が使用したものについて、お母様も連帯して支払う義務を負う場合がありますが、今回のご相談のような借金はこれにはあたらないでしょう。
しかし、不動産や預貯金等の財産の名義がお父様になっている以上、借金の返済ができなければこれらの財産を処分して返済しなければならなくなりますし、任意に返済しないのであれば差し押さえられて強制的に処分されることもあり得ます。

これを避けお母様を守るために一番良い方法は、離婚してご自宅等について財産分与を行い、お父様の財産とお母様の財産をきちんと分けることです。逆にいえば、それ以外の方法でお母様を守るというのは、率直に言って極めて困難であるとご理解ください。
お父様の行動のように、周囲からみれば必ずしも適切ではない行為であっても、成人した判断能力ある大人が自分の意思で自らの財産の処分を行っている場合に、法律でそれを止めることはできないからです。

それを止める力があるのは法律ではなく、ご家族です。
お父様を辛抱強く説得して理解してもらうか、あるいは強制的にipadを取り上げるその他の方法でお父様に目を覚ましてもらうほかないのです。
あとは、不動産の権利証やお父様・お母様の実印、通帳などをお父様が使えないようにあなたが預かるなどすることも方法の一つですが、お父様にその気があれば再発行・再登録することもできますからこれも絶対ではないですね。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問