JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

子供の学資保険の契約者変更を言っていたにも、かかわらず勝手に解約されました。 元主人が契約者だった為、保険会社が手

解決済みの質問:

子供の学資保険の契約者変更を言っていたにも、かかわらず勝手に解約されました。
元主人が契約者だった為、保険会社が手続きをするのはしかたないのですが、掛け金は私の亡くなった母が掛けてくれてました。
それが、わっかていながらの解約だったので、何とか出来ないかと相談した次第です。
離婚した時に無職だった為、養育費は貰っていません。
今は仕事をしています。
解約がわかった時点で連絡をして月々支払う言われましたが、信用できません。
離婚してから今まで(約3年間)何もしてもらってません。泣き寝入りしたくないので満期で受け取っていた金額を取れる方法を教えて下さい。
お願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、3年前に離婚された時に、離婚協議書を作成はされていなかったでしょうか?
仮に、公正証書で作成していれば、未払い等がある場合は、強制執行が可能です。
また、養育費は、相手が無職でも、必ずしも免除する必要はございません。
それと、養育費には、時効がございませんので、今からでも請求できますし
財産分与と慰謝料は、すでに時効で難しいかもしれませんが
養育費に関しては、今からでも公正証書で契約が可能です。
理論的には、未払い分も請求可能ですが、実務的には難しいので
これからの養育費を請求しましょう。
また、学資保険に関しても、不当利得返還請求をしましょう。
ただ、解約した時点での保険金を求める形になると思いますが
満期でもらえるものを、損害賠償請求することも可能かもしれません。
それらは、内容証明で請求して、応じれば、公正証書等を作成された方が良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に、本気度が伝わり良いでしょう。
応じない場合は、家庭裁判所の養育費の調停を申立てると良いでしょう。
家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
現在、元ご主人様に収入があれば、家庭裁判所の方で、算定表に基づいて
支払うように指導されます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

不当利得返還請求とは契約者が元夫の名義でも、大丈夫なのでしょうか?


一度法律に詳し知り合いに相談したら無理だと言われたのですが。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
法的には、離婚時に何も決めていない場合、学資保険の名義が元ご主人様であれば、
元ご主人様が解約するのは自由とも言えます。
ただし、保険金等は、名義はどちらでも、夫婦の共有財産となるので
最低でも半分は請求可能でしょう。とは言え、財産分与の時効は、離婚から2年ですが
本来は、満期まで待ってお子様のために使うものですから、財産分与とは言えないかもしれません。
また、時効があっても、相手が道義的に時効を援用しなければ問題はありません。
それとは別に、お子様の学費等は、養育費とは別に特別の費用としての請求は可能です。
さらに、保険料をお母様に借金をしたと言う考え方もできます。
それ以上に、養育費の請求は必ずできます。
理論的にダメでも、可能性をみつけて請求等して何とかしていくのが
法律の実務家と言えるでしょう。
また、内容証明の請求の仕方も、法理論だけではなく、感情的に求めていく方法も
とります。
まずは、前述の専門家に内容証明をご依頼してみてはどうでしょうか。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問