JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

2年前に終わった不倫相手の元奥さんから先日離婚が成立したと、慰謝料の請求がきました。今でも続いてると思ってるみたいで

解決済みの質問:

2年前に終わった不倫相手の元奥さんから先日離婚が成立したと、慰謝料の請求がきました。今でも続いてると思ってるみたいで困ります。裁判所から口頭弁論出頭要請が来てどうしていいかわかりません。訴状は内容が少し違っています。


探偵を雇った写真付の訴状です。


 

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
確認させて下さい。

不倫相手が既婚者と知った後にも、少しの期間付き合いが続いていたということですか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

はい。何回もこちらから別れを告げても奥さんと別れるから。の返事しかなく。好きになってしまって周りが見えず、彼を信用しすぎてました。ごめんなさい。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうですか。。。

そうなると、不倫相手の奥さんからの慰謝料請求も正当なものとなってしまいますね。

最初の段階で既婚者と知らなくても、知った後でも付き合いを続けていれば不法行為となってしまいます。

そして、不法行為による損害賠償請求権は、行為のあったときから20年か、請求する相手が判明してから3年の、 いずれか短いほうで時効消滅します民法第724条)。不倫も不法行為の一種なので、この時効についての規定が適用されることになります。

今回のケースではまだ2年しか経過していないということなので、時効による消滅を主張することができません。

写真による証拠もあるとしたら、請求を免れるのは困難と考えられます。ただ、きちんと答弁書を提出して裁判所に出頭し、訴状と違う点については主張する必要があります。このまま出頭しないでいると、相手の言い分が全て認められてしまうことになってしまいます。

答弁書の記載の仕方が分からなければ、お近くの司法書士事務所に行けば書き方を教えてくれます。
とにかく、まずは訴状を無視せずに、答弁書を作成して裁判所に送付することが最優先です。


質問者: 返答済み 3 年 前.

まだ続いていると思われて450万弱の請求になってます。もう終わってる事だと証明できるものが本当に出勤簿くらいしかありません。


しかし、私と知り合った頃は既に夫婦仲は会話もなく、食事も一人分だけなく、性生活もなかった。と聞いてました。でも、奥さんに確認する事なんて出来ませんから。彼の、別れると言う話を信じるしかありませんでした。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
まだ続いているという証拠を提出するのは相手の方です。

「不倫の関係はもう終わったことだ。それが続いていると言うならそちらが証拠を提出して下さい」と主張すればいいのです。

やっていない(もう不倫していない)ということを証明することは難しいことです(と言うより、ほぼ不可能です)。やったこと(不倫している)ことを証明することのほうが簡単ですから、相手にに証明責任があるということになります。

相手の夫婦生活が破綻していた、というのは別居していなければ基本的に認められません。ただ、「知り合った頃は既に夫婦仲は会話もなく、食事も一人分だけなく、性生活もなかった。と聞いてました」と主張するのとしないのとでは裁判官の印象も違うので、きちんとそのことを主張したほうがいいです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問